”思い込み”に人生を惑わされていませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病になるまで苦しんだ、そんなあなたの人生の悩みは、実は”思い込み”によるものかもしれません。

そんな思い込みに惑わされないために必要な心得を紹介します。

このブログは、うつ病を読書で克服した私、読書セラピストTOMOの体験記と有用な情報を、余すことなく発信してくブログです。

読書から得た心得を人生の武器にして、うつに負けない人生を送りましょう!

スポンサーリンク





人はなぜ悩むのか?

アルバート・エリスというカリスマセラピストが考案した、論理療法という心理セラピーがあります。

「なぜ人は、悩むのか?」という疑問についてわかりやすく紐解かれます。

論理療法では、否定的な感情の背景には、理にかなっていない歪んだ思い込み(イラッショナルビリーフ)が存在すると考えます。

個人が抱いている歪んだ思い込み、これを論理療法ではイラッショナルビリーフと言うそうです。

あなたを苦しめているのは”事実”では無く”思い込み”だった!


ここで大事なのは、私たちは事実そのものによって悩んでいるわけでは、決してないということ。

例えば自分に能力が無くて思うように生きることが出来ないとします。

しかし、実はその人は能力が無いという事実に悩んでいるわけではありません。

能力があるかないかは、行動してみないと結果が出ないことだし、行動しない限りは誰もわからないことです。

たとえその道の偉い人に「あなたは能力がない」と言われたところで、能力があるかないかはわからないのです。

現に能力が無いと烙印を押されて社会的に成功を収めた人は、実はたくさんいます。

その人は能力が無いから苦しんでいるのではなく、能力が無いと思い込んでいるから苦しいのです。

自分が勝手に思い抱いている思い込み=イラッショナルビリーフによって苦しみ怯えているということです。

カウンセリングの現場では

よく使われるカウンセリングの例を紹介します。

ある留年中の学生が「学校に行くと、授業中に自分以外のみんなが一斉に、こちらを見てくるのが辛いんです」といいます。

「僕のことを冷ややかな目で見てるんです」


しかし、そんな事実はどこにもありません。

そこで、カウンセラーは学生に宿題を出しました。

「今度教室にいったら、いったい何人の人が君のことを見ているか、数えてごらん」

すると、学生は次の日実際に自分を見ている人の人数を数えてみました。

結果はたった一人でした。その他の人は視線も合わせないことに気づきました。

彼は教室に入ると、いつも下を向いていたので、実際に何人の人が自分を見ていたのか分からなかったのです。
それにもかかわらず、クラスの全員が自分を見ていると思いこんでいたのです。

疑おう、とことん事実を疑おう

私たちの、悩みや苦しみの大半は、自分の勝手な思い込み、つまりイラッショナルビリーフによって生み出されているのでな無いでしょうか?

もし今のあなたの悩みが全部思い込みだとしたら、あなたはどんな人生を歩みたいですか?

疑ってください。

あなたのその悩み、脳にこびりついたその悩みは”思い込みじゃないか?”って。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病克服の基本は良質な睡眠です。

6のリラックス成分配合の

副作用無しの自然に近い睡眠サプリが強い味方。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする