先延ばし癖を直したい人にオススメ本2選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先延ばし癖で死んでしまう!!

やりたいこと、やるべきこと、わかっちゃいるけど始められない人、そんな人いますよね?

実は私もその1人です。

やらなきゃいけないのに、ついついスマホを見てしまう、娯楽に興じてしまう、

「雨だから」

「体調悪いから」

と言い訳してやらないことを正当化してしまう。

そんなこんなしているうちに、3年が経ってしまい、

「結局やりたいことじゃないからあれはやらなくてよかったんだ」

と自分に言い聞かせて終了。

これを繰り返していると、自己肯定感が下がり、ストレスに弱い人間になってしまいます。

興味のある事を見つけても

「どうせ自分には無理」

と速攻で諦めてしまう心理、

「学習的無力感」

に取り付かれて、怠け癖の虜になってしまいます。

これ全部自分が経験したことなんですが、

同じような思いをしている人に、

私の読書経験及び実践経験をもとに2冊の本を紹介します。

この2冊を読んだだけで、行動力が身に付くから安心してください!

…だなんて言いません。

この2冊を何度も読んで頭に落とし込み、そして行動するきっかけになればと思います。

先延ばしをやめるには、まず自分を知ること。

そしてだめな自分を認め受け入れることが大切です。

そのきっかけを読書は必ず作ってくれます。

スポンサーリンク




先延ばしを解消するオススメ本2冊はこれ!

『「すぐやる人」と「やらない人の習慣」』塚本亮

すぐやる人とやらない人には、はっきりとした習慣の違いがあります。

それをまさにわかりやすく教えてくれるのがこの本です。

【この本の主張】

・先延ばししない人は、自分を楽に動かす仕組みを持っている

・先延ばししない人は頭の中を空っぽにしている

・先延ばししない人は明日が無いかもしれないと思っている

・先延ばししない人はまず小さな行動を起こす

・先延ばししない人は自分とアポをとる

・先延ばししない人が呼吸で判断の精度を高める

・先延ばししない人は仕事を断る基準が明確

などなど

自分を動かす仕組みを知っている人は、怠け心や優柔不断、気乗りしないなど、

先延ばし癖の要因を撃退してくれます。

「すぐやる人」は、頭の中を空っぽにすることで、脳への負担を減らしています。

そうすることで本来すべきことにエネルギーを集中させるだけの余裕が持てるようになるからです。

引用:26ページ「すぐやる人は頭の中を空っぽにし、やれない人は頭の中で処理しようとする。」

意外かもしれませんが、すぐやる人は頭の中を空っぽにしているのです。

空っぽにすることによって、本来何を優先するべきなのか?

これを即時に判断する能力が身に付いていくのです。

逆に先延ばし癖のついているすぐやれない人は、

頭の中でいろんなことを処理しようとしているので、常に脳はマルチタスク状態でパンパンです。

このようにこの本は、思考法や、感情マネジメント、体調管理の観点からすぐやる人とやらない人の違いを的確に分析し、シンプルにまとめてくれています。

マンガ化されているほど人気な本ですので、漫画版でもおすすめです。

『先延ばしする人は早死にする!』メンタリスト daigo

衝撃的なタイトルですが、先延ばしすることのデメリットを究極な言葉で表した1冊です。

【この本の主張】

・「先延ばし」とは、損するとわかっていて行動を延期する全人類的悪習慣である

・スマホやSNSが、先延ばしを加速させる

・意志の力で先延ばしを直そうとすると失敗する

・「先延ばし」する自分が許せない人ほど結果が残せない

・「すぐやる人」は、人の気持ちがわかる人になれる

・「先延ばし」をしていると早死にする

・毎日の記録で、自分の先延ばし傾向を知ることが大切

・小さな成功体験が、大きな習慣を引き寄せる

実は先延ばしすることが、見えないストレスに体が蝕まれて、

思いもよらぬダメージを受けていることが研究で解明されているようです。

そしてそのストレスを放置していると先延ばしばかりしていると、

将来的にその人の命を脅かすことに危険だと言う事がこの本に書かれています。

この本に書いている事は、脳科学や心理学や医学の専門用語が少し出てきて、小難しい内容だったんですけど、

私なりにざっくり簡単に説明させていただくと、

先延ばしすることで、コルチゾールというストレスホルモンが長期的に体内に出続けます。

それが心臓に大きなダメージを与えます。

またそればかりでなく、このコルチゾールは、

白血球の働きを低下させてしまう作用があり、最終的に慢性炎症状態になってしまいます。

その慢性炎症状態が、最終的にどうなるかといえば、脂肪肝になって死亡率を高めてしまうということが書かれています。

恐ろしいですよね?

このように、先延ばし癖がついている人の究極のデメリットや、

先延ばしをしない人が、健康でお金得やすく、仕事の成功率が高まるなどのメリットなど明確に書かれた1冊です。

まとめ 〜みんな先延ばしに悩んでいる〜

ちなみに今回紹介した本の著者も、先延ばし癖で悩んで経験があるそうです。

どの世界の、どんな成功しているような人でも自分と同じような悩みを抱えていたと思えば希望が持てませんか?

ぜひ先延ばし癖を止めて、人生を変えるきっかけにしてください。

こちらの記事も

>>先延ばしを直すための25の方法

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする