ハーブティーで自律神経を整える!パニック、不安、うつに効くハーブはこれだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーブティーは自律神経を回復させてあなたの人生を変えます!

皆様ハーブティーは飲まれますか?

私はアロマテラピーを勉強していた時期に、お世話になったお店でよくハーブティーを勧められて買いました。

今でもたまに飲むのですが、ハーブティーを飲むとリラックスできたり、また頭が冴えて集中力を高めたりすることができます。

はじめに

私の経験からも、ハーブティーが自律神経を整える役割を担っている事は明らかです。

しかしハーブティーといっても、種類によって香りが違ったり味が違ったり、

また効能がそれぞれ異なります。

何となくリラックスしたいからとりあえずハーブティーと言うのも結構ですが、せっかくなら症状に合ったハーブを選びたいものですよね。

例えば、リラックスしたいのに頭が冴えるハーブティーをわざわざ選ぶ必要はありません。

この記事では、自律神経を整えたり、パニックや不安症に役立つハーブを中心に、実践的なハーブティーの選び方ついて述べていきます。

そして私が最近出会った素晴らしいハーブティーも併せてご紹介させていただきます。

自律神経を整えたい人、パニックや不安を良くしたい人、もちろんうつ病から復活したいとも必見です。

自律神経のバランスってそんなに大事?!

自律神経を整えるとはよく言いますが、そもそも自律神経整えるメリットって何なのでしょう?

そのことについては他の記事でも何度か触れてきましたが、改めて簡単にご説明します。

自律神経には交感神経と、副交感神経があります。
交感神経は例えるなら自動車のアクセルのようなもの。

そして副交感神経はブレーキのようなものです。

このバランスが整って、初めて心と体の健康が得られます。

例えばこの忙しい社会において、生真面目な人や、ノーと言えない性格の人は自律神経を乱しやすくなります。

また何か物事に取り掛かると、徹底的にやらないと気が済まないような、完璧主義の人も要注意です。

忙しかったり、物事に集中したりすると、交感神経が働きます。

交感神経が働くのは良いのですが、夜更かしなど不規則な生活で休むべき時に交感神経がしっかり休まらないと、体は疲れやすくなります。

パニック障害や、不安障害、不眠、イライラ、すぐに怒ってしまうなどの症状は交感神経が過剰に働きすぎている状態といえます。

諸説ありますが交感神経がはたらきすぎると、免疫力の低下につながります。

アクセル(興奮)ばかりで、ブレーキ(リラックス)を踏まずに暴走して病的な状態に突っ込んでしまう。

これがいわゆる自律神経失調症ですね。

では交感神経は悪者なのか?

とんでもありません!

人類は交感神経がないと、ここまで生き延びることができませんでした。

たしかに交感神経が働きすぎると、様々な症状が出ます。

だからといって副交感神経が正義でもないし、健康の代名詞と言うわけではありません。

例えば原始時代に、凶暴なライオンがあなたに襲いかかってきたらどうしますか?

リラックスしたままその場に寝転んで、食べられてしまいますか?

違いますね、ふつうは武器で戦うか逃げるかしますよね。

危険が迫った時に、恐怖心を覚えたり、戦ったり逃げたりするために体を興奮さへて手足の筋肉を使う。これは交感神経の重要な役割です。

でないと、そもそも人類は生き延びることができません。

大切な事は、交感神経と副交感神経をバランスよく働かせることです。

つまり日が昇ったら交感神経を働かせて、日が落ちて暗くなってきたら副交感神経を働かせること。

このアクセルとブレーキの正しい使い分けが、生きていく上でとても大切なことになります。

ハーブティーはこのようにして効く!

ハーブティーは、そのハーブの種類の違いによって、様々な芳醇な香りを私たちの脳や体に届けてくれます。

ハーブティーの匂いをかぐことによって、エンドルフィン、セロトニン、アドレナリンなどの脳内ホルモンの分泌が高まると言われます。

この香りは脳内の大脳辺縁系という脳の原始的に近い部位を刺激して気分障害や、睡眠障害の改善、また自律神経系や内分泌系の働きをコントロールする作用があります。

また体に対する働きとして、免疫系を強化してウィルスや細菌と戦う力を高める作用があり、

血液の流れやリンパの流れを促すことによって、腎臓や肝臓、胃腸などの各臓器を刺激して解毒、消化吸収、排泄を助ける効果があります。

また筋肉の緊張を和らげる作用があるので、痛み刺激を軽減するという効果も期待できます。

そして実は、

ハーブ自体にも興奮(アクセル)させるはたらきと、リラックス(ブレーキ)させる働きとがあり、これらを柔軟に使い分けていく必要があります。

自律神経に効くハーブティーはこれだ!

活発になりたいときのハーブ

自律神経失調症や、パニック障害、うつ病などの気分障害になったりすると、とにかく午前中に頭が働かなくなることがあります。

私自身も朝からどんよりで、仕事に行かなきゃいけないと思うと絶望的な気分になってました。

まぁそんな時は缶コーヒーに頼って体をごまかしていたのですが、カフェインと砂糖に頼り続けていると、みるみる体調が悪くなっていくものです。

「カフェインと砂糖に頼るな!缶コーヒーは悪魔の飲み物だ!」

とまでは言いませんが、缶コーヒーによる”まやかしの元気”で、心と体が消耗している人は、ハーブティーを試してみませんか?

活発にするおすすめハーブの例は以下の3つ

ローズマリー

<画像出典:『いちばんわかりやすい ハーブティー大事典』ナツメ社>

日本ではマンネンロウと呼ばれるシソ科の植物です。

主な作用として、記憶力を高めることが有名ですが、精神を高揚し活性化させて、ひらめきや直感、インスピレーションを巻き起こす作用が期待できます。

脳の血流を増やす事は、記憶力を高めたり集中力を高めたり、新たな物事を創造するときのインスピレーションを起こしやくすることにつながります。

まさに奇跡のハーブですね。

シベリアンジンゼン

<画像出典:『いちばんわかりやすい ハーブティー大事典』ナツメ社>

日本ではエゾウコギと呼ばれる薬用植物です。

滋養強壮剤としても、世界で使われていて、1980年のモスクワオリンピックでは旧ソ連の選手が強壮剤として使ったと話題になったほどです。

効能としては、抗ストレス作用、反射神経の向上、持久力の向上、集中力の向上など脳の機能を高める効果が期待できます。

また、うつ病にも効果が期待できると言われております。

ペパーミント

<画像出典:『いちばんわかりやすい ハーブティー大事典』ナツメ社>

これもシソ科の植物で、日本ではコショウハッカなどの別名もあります。

効能としては、心、身体、精神に活力を与えたい日に、滋養強壮や頭をクリアにするなどの作用があります。

また体に対しては消化器系の臓器の活性化につながります。

特に朝は脳の活性化に加えて排泄機能を高める必要があるので、胃腸の働きを良くすることが必須です。

活発になるハーブまとめ

・ローズマリー、シベリアンジンゼン、ペパーミントは朝の頭の働きを良くする

・ローズマリーは記憶力や、インスピレーションを高める

・シベリアンジンゼンは、持久力や、集中力を向上させる。うつ病にも良いとされている

・ペパーミントは、頭が冴えるだけでなく、胃腸など内臓の働きも良くする

>>猛暑でも朝シャキ!自律神経特化型、夏にホットでも飲めるのはMENTハーブティー



心を癒してくれる、リラックス系のハーブ

ハーブティーと言えばやはりリラックスのイメージ。

上では交感神経による興奮が人類を生き延びさせたと述べましたが、それと同じ位副交感神経によるリラックスが人類を発展させました。

心と体を休めないと、インスピレーションは生まれません。創造力が生まれなかったら、文明はここまで発展しきれませんでした。

そして心と体をリラックスさせる事は、自律神経失調症や、パニック障害、不安神経症の予防、もしくは再発予防のためには超大事な基本的な考え方です。

がんばりすぎてしまう人は、リラックスすることを覚えましょう。

リラックスできるような生活習慣、リラックスできるような趣味を持つなど、リラックスすることに努力をしましょう。

心と体をリラックスさせて、免疫力を向上させるハーブティーはあなたを守ってくれます。

リラックスハーブの一例は以下の3つ、

カモミール

<画像出典:『いちばんわかりやすい ハーブティー大事典』ナツメ社>

カモミールはキク科の一年草で、日本名はカミツレと呼ばれるリラックス系のハーブです。

作用としては、中枢神経を鎮静する働きが強く、外からの悪い刺激を受ける感覚をシャットアウト、つまり麻痺させるような効果があります(イメージです)。

突然のショックや悲しみ、絶望的な気分の時など、ダメージが大きい時には特にオススメです。

私もカモミールよく飲んでいましたし、今でも時々飲みます。

牛乳と一緒に煎じることによって、リラックス効果が高まるとのことで実践していました(専門店の人に勧められました)。

スカルキャップ

<画像出典:Wikipedia

スカルキャップは北米原産の多年草です。

直訳すると「頭蓋骨の帽子」と言う意味になりますが、花がヘルメットの形に似ているからこの名前がついたそうです。

作用としてはパニックや、不安などで神経衰弱、神経過敏で疲弊した神経を沈めてくれるのが特徴です。

寝る前に飲むと、心が落ち着いて安眠できる効果があります。

パッションフラワー

<画像出典:『いちばんわかりやすい ハーブティー大事典』ナツメ社>

別名トケイソウと呼ばれる植物からできた、リラックス系のハーブです。

効能としては、神経の高ぶりを抑え、痙攣や痛みの緩和、血圧の降下、ヒステリーやパニック、ノイローゼ、また更年期の精神不安定にも効果的があります。

ヨーロッパでは医薬品に指定されているほど、効き目のあるハーブなのです。

リラックスハーブまとめ

・カモミール、スカルキャップ、パッションフラワーは神経の興奮を沈めて、心と体をリラックス状態にし、安眠を促してくれる。

・突然の強い悲しみ、ショックを受けたときにはカモミールがあなたを守ってくれる

・イライラしたり神経過敏で眠れない時はスカルキャップがおすすめ

・高血圧や、更年期の症状を改善してくれるパッションフラワーは、ヨーロッパでは医薬品

>>自律神経特化型、夏にホットでも飲めるのはMENTハーブティー



MENTのハーブティーを飲んでみた

MENTハーブティーには、モーニングアップブレンドと、ナイトリセットブレンドと言う2種類のものがあります。

わかりやすく説明すれば、朝用と夜用のハーブティーです。

朝用は交感神経の働きを高めてくれるブレンド。

そして夜用は副交感神経の働きを高めてくれるブレンドです。

(写真 左:モーニングアップブレンド、右:ナイトリセットブレンド)

この2つのブレンドハーブティーの働きで、自律神経のバランスを根本的に整えることが目的です。

モーニングアップブレンド

【飲んだ感想】

朝の交感神経を高めてくれる働きがあると言うことで、やはりすっきりとしたミント系の香りがやや強く感じます。

コーヒーのカフェインによるすっきり感とは違って、自然で爽やかなスッキリ感を味わえます。

とても美味しく個人的にはクセになる味だと感じました。

朝から何か頭脳労働をしたいとき、朝の気分が憂うつで何もしたくない時、カフェインの強いコーヒーよりもこのハーブティーを飲んだ方が体に負担なくやる気元気を出せるのではと思います。

【他の口コミ】

朝、目が覚めても動けなかったんですが、これを飲むことをきっかけに起き上がれるようになりました。

味は、もっと独特な味がするのかな?

と思っていましたが飲み応えがあり悪くないかなと思っています。

こういう手軽なところからケアできるものがあるということがすごく嬉しいです。

ナイトリセットブレンド

【飲んだ感想】

寝る前に落ち着くためリラックスツールとして飲んでます。

私は寝る前に必ず30分ほど読書をして睡眠に落ちるのですが、その時にこのハーブティーを一緒に飲んでおります。

いつもアロマテラピーを炊いていますがこのハーブティーを一緒に飲むだけで、アロマを高なくてもアロマテラピーの効果が十分にあります。

リラックス効果は抜群のように感じています。

【他の口コミ】

幼少期から不眠に悩んでいたので飲み始めました。4日目くらいから聞いたのかなぁと感じ始めました。

ベッドの上で本を読んでいて、気付いたら眠っていて。普段は眠るのに2〜3時間はかかるのに、驚きました。

眠れることで日中のストレスも減ったように感じました。

MENTはトータルサポートを大切にしている

【画像:MENT公式HPより】

MENTハーブティーは精神的な不調の寛解をサポートするという大きなコンセプトがあります。

心の不調の根底にある自律神経には、日常生活が大きく影響しております。

そのためMENTでは寛解を迎えるために、商品提供だけに留まらない総合的なサポートを大切にしているようです。

特にMENTが力を入れているのがこの2種類のハーブティーと、専門家が監修したコンパクトな情報雑誌をセットにしたバランスサポートセットです。

(※送られてくるのはハーブティーと情報誌〔左〕)

ハーブティーだけにとどまらず、心の不調を繰り返さないための情報発信を行って、健康的な心のベース作りをサポートしているのがMENTの大きな強みです。

他のハーブティーとは違うMENTハーブティーの強み

【画像:MENT公式HPより】

①薬効に注目したメディカルハーブをブレンドしていること

②国内外でハーブ療法の施術をする、英国メディカルハーブ認定協会ハーバリストがブレンドしたハーブティーであること

【画像:MENT公式HPより】

③うつ病やパニック障害、自律神経失調症などの根底にある、自律神経を整えることを目的としていること

④100%オーガニックハーブを使用し、添加物や不純物を一切取り除いていること

⑤漢方やサプリと違い、対症療法ではなく生活習慣の中で続けやすく不調を根底から整えることが目的であることこと

⑥自律神経整体院や、ヨガ教室、カウンセリング機関、クリニック等でもこのハーブティーを取り扱ってている実績があること

⑦副作用が認知されているハーブ(セントジョーンズワート)などは極力ブレンドに入れないように開発されていること

⑧パッケージは、外出先に持ち出しても「あ、メンタルケアのハーブティーを飲んでいる」などわからないように、周りからの見た目も気にする方に配慮したデザインを心がけていること。
また配送時もそのようなことが配慮されていること。

ハーブティーだけにとどまらず、専門家が監修した情報誌を提供して、健康的な心のベース作りをトータルサポートしていること

>>熱帯夜でもぐっすり。自律神経特化型、夏にホットでも飲めるのはMENTハーブティー



おわりに

ハーブティーで自律神経が整うことが、おわかりいただけましたか?

今現在、体の調子が悪い人、心の調子が悪い人、その正体はおおよそ自律神経が乱れていることが原因です。

自律神経を正しく理解することは、病気を理解すること。また自分を理解することにもつながります。

私も長年強迫性障害や、うつ病に苦しめられました。

でも人間の心と体に対する正しい知識があれば、いわれのない恐怖心に襲われる事はほとんどありません。

哲学者のラルフ・エマーソンは次のように言っています。

「恐怖はいつも無知から生じる」

まさに私とって耳が痛くなる言葉でしたが、同時に救われる言葉でもありました。

正しい知識で心と体を理解すれば、病気は自然と良くなるし怖いものでもなくなります。

自律神経を正しく理解して、自律神経にとって良いことをたくさんしましょう。

良質なハーブティーは、きっとあなたの自律神経を整えてくれます。

>>自律神経を根本から整えたい方はコチラ!

【自律神経を整えるオススメ記事】

>>不眠症には「寝る準備」が必要! ~薬を手放せた私がやった5つの「寝る準備」を紹介~

>>感情の乱れ癒す5つの行動 ~感情はコントロールできる!~

>>丹田呼吸と自律神経 〜体をケアして心を治す!〜

>>睡眠サプリ おすすめ3選!+α ~最高の睡眠で人生を変える!~

【ハーブに関する参考&おすすめ書籍】

スポンサードリンク


【関連記事】


【オススメ情報①】

不眠に特化した成分が10以上

特許成分セロトニンを増やして夜のぐっすりをサポート

おすすめ快眠サプリメントネムリス

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつ病脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする