オタクにうつはいない。何かにハマることの大切さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、うつ病を読書で克服した、私読書セラピストTOMOの体験記と有用な情報を随時発信していきます。

皆さんも自分の人生に奇跡を起こす1冊に出会えることをあきらめないでください。

スポンサーリンク




はじめに

オタクと言うと、根暗な人、社会に適応できない孤独な人間と言うイメージがあります。

しかし、自分にとって大切なものを見つけることは、非常に尊いことです。

何かにハマって、大切な軸を見つけているという点では、オタクに勝る人はいません。

オタクにうつはいない。何かにハマることの大切さ

”これさえあれば生きていける”を見つけよう

趣味がある人、生き甲斐がある人はストレスに強いとよく言われます。

事実として、オタクになって何かにハマっている人に、うつ病の人はいないと言われています。

プラモデルやアイドル、昆虫やアニメ、車にハマることも立派なオタクです。何でも構いません、何か一つの事に熱中しハマることが出来れば、心は満たされます。

「心が寂しい」「なんだかむなしい」などと漠然とした虚無感を抱えてしまいがちな世の中を、満たされた気持ちで生きていくには、我を忘れて取り組むことが出来るもの、思いっきりハマることが出来るものを見つけることが重要です。

極端な話、「人生これさえあれば生きていける」と思えるものを見つけた人は無敵です。

本物のオタクは”どハマり”しない。趣味にのまれない

しかし、何かにハマることには、リスクが伴います。

依存状態になることもありますし、はまりすぎて際限をわきまえず破産してしまう人もいます。

何かにうまくハマっている人と言うのは、ハマるものとの距離感をわきまえている人です。

これ以上は危険だと感じた時点で、ストップします。

そのようにして生涯それとうまく付き合うように、加減しています。

例えば、真の競馬好きは常に100円賭けしかしません。

大きな金額をつぎ込むと、いつか競馬ができなくなると本能的にわかっているからです。

それが真に馬を愛し、賭け事を愛しているということです。

ハマりつつ醒める、ハマりつつ醒める。

程よい距離感を保ちながら、オタクでいる人が真の人生の達人なのかもしれません。

読書オタクは人生を変える天才

ちなみに・・・・


読書もそうです。

今はインターネットで手軽に安い本が買えます。

高価なほうをガツガツ読むのもいいですが、

1円や100円程度の本でも、人生に変化をもたらす本はたくさんあります。

たった1円でも人生は飛躍的に変えられます。

ガツガツお金使って、頭をフルに働かす読書より、

1円や100円の本を買って一日5分楽しむ程度の読書を続ける。

そんな程よい読書オタクが、人生でとんでもない成長を遂げるのです。

おわりに

ほどよい読書を実践し人生の達人、読書オタクになりましょう。

今日も読んでい頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病克服の基本は良質な睡眠です。

6のリラックス成分配合の

副作用無しの自然に近い睡眠サプリが強い味方。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする