サラリーマンだった私が起業した結果 ~今の生活のこと少し話します~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は私の生活について少し話します。

うつ病をきっかけに読書をはじめ、人間力向上の大切さに気付きこのサイトを立ち上げた私はいまどんな状況なのか??

スポンサーリンク




私は今整体院をやっています

今の私はとある地方で訪問整体を経営している。

経営といっても、

そんな大げさなものではなく何とか食べて行けるか行けない程度の、

言って見れば吹けば飛ぶような小さな事業だ。

約10年前にうつになり、その後それまで通りに働くことができなくなった。

うつによりこれまで通りの会社勤務ができなくなったというよりは、

病気をある程度良くして会社に復帰したが、

数年間普通に働くうちにやっぱりこの働き方は自分には向いてないと思ったから、

だから今の働き方をしている。

その働き方というのが起業すること。

そして自分の得意分野で、人の役に立ってそれをお金に変えて生活すること。

起業して経営者になる怖さ

一見すると、

「いい年してそんな夢見たいな事やってんじゃないよ、成功するわけないだろ」

「新型コロナでたくさんの企業が潰れてるの見てるだろ、会社員が一番安全だよ」

なんて言われそうだ。

というか、今までそんなことほとんど言われた事は無いのだが、

(私が頭の中で自分に対して言っているのかもしれない)。

これまでよくやってきたと思うけど、やっぱり自分で起業することがものすごく怖い。

自分で顔出し名前出しでウェブサイトを公開してお客さんを集める。

どんな方が対象なのか整体のセールスポイントを歌って集客する。

「治療によって治ります!」

「何々の病気が治ります!」

そんな文言を入れたら、法律的にグレー、いやアウト。

そもそもウェブサイトの文言次第で、トラブルになってなる可能性はあるし、

お客様に満足してもらえない結果になることだって充分ある。

そして何より、売り上げが出なかったら家族が食べていけない。

私には中学生の息子と、保育園児の息子がいる。

「私の整体院経営がうまくいかないことで、この子たちはまともな生活ができなくなる」

そんなふうに思うとやっぱり怖い。

何が怖いかって、失敗したときに家族を養えなくなることだけじゃなくて、

やっぱり恥ずかしい思いをすることが怖い。

「ほらみたことか、やっぱり失敗したじゃないか」

「結局は会社員から逃げていただけだろ」

「うつで会社員生活ができなくなったから起業して食べていこうなんて甘かったんだよ」

顔も名前も出している上に、家族も養えなくなって、周りにバカにされる。

そんなトリプルパンチの恐怖に抱えながら何とか起業している。

やっぱり後悔してる??

ここまでの文章を読んでいると、

ほとんどの人は私と同じような働き方はしたくないと思うのは当然だと思う。

これまで恐怖を打ち消すために、

たくさんの本を読んだり、

瞑想の合宿に行ったり、

筋トレを始めてみたり、

やりたいこと心理学専門のカウンセリングを受けたりなどしてきた。

それらは全て本当に役に立つものばかりでした。

そのおかげで、何とか心が折れずに起業しながら生活することが続いている面もある。

私は後悔しているのか?

自分は後悔しているのか?

と言えば、そこははっきりと全く後悔していないと言える。

もしも、

20年くらい前にタイムマシーンで戻れるとしたら、

どんな生活をしたいかと言ったら、

迷わずサラリーマンをすぐに辞めて起業します。

不思議ですよね、

「サラリーマンから逃げてるだけだろ?」

「どうせお前なんかにうまくいかない」

そんな声に怯えている自分もいるし、

「家族を養えなくなったらどうしよう」

そんな不安を抱えている自分がいるのも確かだ。

でも、サラリーマン生活をずっと続けると思うとやっぱりゾッとする。

なんだかんだお金は必要。資産運用のススメ

今は刺激的な生活ができているし、

何より人との出会いが増えて人から感謝されたり、

こちらからお客様に感謝してもしきれない生活という充実した暮らしができている。

整体の売り上げは決して潤沢なものではなく、1ヵ月に5万円以上の勉強会費や交通費など経費もかかる。

だから少しでもまとまったお金があれば資産運用は必須となる。

サラリーマン生活をしていれば、資産運用まで頭が回らなかったとは思う。

売り上げが少ない自営業生活をしながら、

将来への不安をなくしたり、

また子供たちの教育費をしっかり捻出するためにはどうすれば良いのか?

と本気で考えた。

その結果今は資産運用をして、

余ったお金はお金に働いてもらって増やしている。

日本にいると株式などへの投資はギャンブル同様に見られがちで、

資産を危険にさらすイメージが強い。

でもしっかり勉強すると、世界の人口は増え続けていて、

米国を筆頭に世界経済は長期的に成長し続けている。

今は100円あれば全世界の優良企業を詰め合わせた投資信託を買えてしまう。

大前提として投資は自己責任だが、

そのよく聞く言葉の重みとは裏腹に、

堅実な投資でお金を増やすことは、思った以上に簡単だった。

そのおかげで、事業が継続できて、

また新しいお客様に出会えて、

それが新たな経験となり勉強させてもらい、

人間の心について学ぶことができる。

本気で仕事に向き合ったほうが、人生に疲れない

正直お客様から満足いかずにお叱りの言葉を受けることもある。

整体を受けた後に、余計に痛みが強くなったとなったケースも少ないがゼロではない。

ただそんな時こそ、

しっかりと向き合い採算度外視でもその人の本当の心を知ろうとする姿勢が大切。

相性の悪い整体や治療院であれば、

予約をキャンセルしてそのままもう私の整体と関わらない選択も簡単にできるし、

無断キャンセルする人も中には実際にいる。

そんな中で、サービスに満足いかなかったことをしっかりと伝えてくれる事はありがたいこと。

言われた時は、正直ショックだ。

それがきっかけで辞めたいと思った事はないと言えば嘘になる。

でも、よくよく冷静に考えてみれば、

お客さんが本当のことをいうのも勇気が要ること。

むしろその時こそチャンスと捉えて真剣にこちらもさらに本気で取り組む。

最終的にそのようなお客様とは心でつながった関係が築けることが多い(当然だめな場合もある)。

本音をぶつけていただき本気で向き合うきっかけを作ってくれたお客様は、

本当に何年も私のことを必要としてくれるし、

そして、

「この料金で店の経営やっていけるの?値上げしたほうがいいんじゃないか?」

そんなふうに私の生活のことも心配してくださる人まで出てくる。

ありがたいのだが、

なんだか私の気の小ささを見透かされているようでこっぱずかしい…。

でもやっぱりちょっと嬉しい。

その繰り返しのおかげで、今の生活があるのだろう。

このサイトは人間力を高めるための本の紹介や、

今心が病んでいて苦しい状態にある人や、死にたい思いをしている人、

そんな人を勇気づけるサイトにしていきたい。

そして私の生活を少しずつ今後も公開していくこと、

辛い生活から抜け出す上でも何か参考になればと思います。

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする