やりたい事、なりたい自分、じっくりダラダラ考えよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




はじめに

このブログはうつ病を読書で克服した私、読書セラピストTOMOの体験記や有用な情報を随時情報発信していきます。

決断を先送りにすることは、悪いことばかりじゃない

物思いにふける  

私は少し前に約1週間程度、南の島へ海外旅行へいていました。 南国の海で波の音を聞きながらぼーっと物思いにふけっていました。

これからの人生どうするか?

目標に向かって、まずどのような行動をとるのか?

夢をかなえるために、まず何をやるべきか?

エネルギーをどう使うか?

描いている目標までの道のりを再確認していました。 人間が生きていくうえでたった1つ必要なものは”希望”です。

これは原始仏教的な生活を意識して送っている私でも、常に意識しています。

希望がないとお金を稼げないし、ブログも書く気になれません。

ダラダラ自分のペースで考えてみる

今の仕事に自分の人生の希望が見えなくなったら、すぐにでも辞める方向で行動することをお勧めします。

すぐに退職するのではなく、退職する方向で心の準備をし始めることです。

自分の人生の希望に向かって、どんな方向で行動するか?

ただそれを考えるために、時間もエネルギーも使うのです。

ただ決断を急ぐ必要はありません。

決断をぐずぐずと先延ばしにすることは良いことなのです。

決断には時間をかけたほうがいい。潜在意識からのメッセージを聞こう

決断をぐずぐずと先延ばしにすることは、一般的には良くないことだと言われており批判されがちですが、実はすこぶる自然で良いことなのです。

なぜ、決断を先延ばしにするかと言うと・・・

潜在意識が情報収集をして、次に起こることに備えて準備しているのです。

つまり、なかなか行動を起こせない状態と言うのは、

”まだ時期が来ていない”

”まだ行動のときでない”

と言う潜在意識からのメッセージなのです。

行動するために、必要な情報処理が出来ないまま行動すると、最善の結果が得られない可能性があります。

もちろん素早く決断できるのは、それはそれでいいことなのですが、決断できないことに対して必要以上に罪悪感を感じなくていいのです。

特に夢を持っていて、将来的に何かを成し遂げたいと考えている人は、 自分自身が夢中になれることのみに、焦点を置いて行動してください。

そのためになら、どれだけ時間を先延ばしにしてもよいのです。

やる気の無いときはぐずぐずしましょう!

オススメは海でも眺めながら人生の希望に向かって考えること

自分の潜在意識を最大限に働かせるのには、心が解放された状態で物思いにふけること。

解放感のある環境は大切です。

私は南国の海に行きましたが、ホテルのラウンジや温泉施設などもいいでしょう。

また美術館で芸術に触れるのも、自分の霊性を呼び覚ますのに良いと言われています。

潜在意識で自分が何をしたいか?

本当にしたいことは何なのか?

そのためにまず何をするべきなのか?

じっくりグズグズと悩んでください。

やりたくないことを無理に決断させようとする、そんな世間のプレッシャーに負けないでください。

おわりに

じっくりダラダラと考える。

潜在意識を働かせる。

ではでは、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病克服の基本は良質な睡眠です。

6のリラックス成分配合の

副作用無しの自然に近い睡眠サプリが強い味方。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする