やる気 集中力を高める3つの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の目標、やる気を維持するために必要な3つポイントをシェアします。

スポンサーリンク




人生の目標に向けてやる気を維持するポイントはこの3つ

①眠くならない体を作る!

眠くならないようにする

目標達成したいとき、集中的に勉強をしたり、禁欲的に何かに取り組む時期が必要なこともあります。

そんな時に、邪魔をするのは睡魔ですね。

睡眠欲は、人間の3大欲求と言われ、襲われてしまうとなかなか勝つことができません。

だから常に、睡魔をコントロールしながら勉強に取り組むことが大切です。

夜はしっかり寝て、明るい時間はなるべく起きているようにする。

これが理想ですが、なかなか昼間に集中できないと言う形は、たくさんいるでしょう。

私もどちらかと言えば、夜型人間です。

なぜだか夜の方がはかどるんですよね。

私がお勧めの、睡眠よくコントロール法は、食事を腹六目くらいにすることです。

少食に徹すれば、睡魔に襲われる事はそれほどありません。

また、甘い食べ物は極力避けるようにしています。

炭水化物をとると、血糖値が急激に上がり、一時的には集中力が高まるのですが、

その集中力は一時的です。持って3時間短くて1時間程度です。

その後に反動で訪れる、血糖値の急降下はイライラや抑うつ気分の原因になり、

心を消耗するため睡魔に襲われ?大きな要因になります。

食べる量を少なくして、糖質制限にも取り組み、睡眠力をコントロールしましょう。

【まとめ】

・小食で眠くならないようにする

・眠気、イライラや、抑うつ気分になる糖質は避ける

②批判に負けない鋼鉄のメンタルをつくる

何か人と違うことを達成したいとき、

人より良い成果をもたらしたいとき、

他人と同じことをしていてはダメです。

人と違うやり方の努力をしなければ、

ズバ抜けた目標は達成できないでしょう。

という事は、多くの人と違う行動をしなければなりません。

そうなると必ず、

「あいつは変わってるな。」

「あいつは変だよ」

「あいつはいい年して夢みたいなこと言ってるよ」

などと他人は好き勝手言いたいことを言ってきます。

多くの人から悪い評価をぶつけられる的になります。

他人の評価に一喜一憂したり、怒りの感情をもとに戦ったりする事は、

とても時間の無駄です。エネルギーの無駄でもあります。

何か人と違った目標を目指す以上、他人から批判される事は必至です。

批判されない自分、褒められる自分なんてあきらめましょう。

多くの場合、あなたが目標達成したときに、

「お前ならやれると思っていたよ」

「さすがだね。俺にもどうやったら成功するのか教えてくれ」

と手のひら返しをしてくる連中ばかりです。

所詮他人なんてそんなもの、言い換えしたり戦ったりしたり、

論破するなんて非常に馬鹿げた行為です。

そんなことより、大切な事は自分を見失わないことです。

他人に批判されて疲れてしまったら、自分だけのストレス解消法を実践しましょう。

このストレス解消法と言うのは、私にもどれが1番いいのかわかりません。

でも、自分の心を見つめ直すことができるような行為が良いでしょう。

私の場合、アロマや線香の利いた癒される部屋で、静かに呼吸方をすることです。

そうすることによって自分は何のためにこの努力をしているのか?

今日自分が実践している行為は、その目標のためになっているのか?

今後自分がやる事の優先順位は何なのか?

そのような迷いや葛藤の答えが自然と見えてきます。

【まとめ】

・他人の評価に一喜一憂しない

・自分だけの気分転換方法を獲得しておく

③なりたい自分を明確にする

夢に向かって努力をしている時、自分を見失ってしまうことが多々あります。

それは何故か?

それは努力すること自体が辛く感じるから、

そして他人に帰阪されるのが怖いから、

また目標達成した後に幸せになれるのか疑ってしまうから。

これらのことを考えると、不安や迷いが生じてしまいます。

そんな時に大切な事は、自分の本質的な目標が何なのか?

常にそのような問いかけをすることです。

本質的な目標とは、難しい方ですが要するに、

幸せになるために何をするのか?と言う目標になります。

例えば、年収1000万円達成するという目標を掲げたとします。

そして努力に努力を重ねて、あなたは年収1000万円を達成しました。

では1000万円を達成したらその時あなたは幸せでしょうか?

幸せだと自信を持って言える人は、それが本質的な目標なのでしょう。

しかし、年収1000万円の目標達成しても、

幸せになれるのかどうか自信がないという人は、

それは本質的な目標とは言えません。

そもそも何のために1000万円稼ぐことを達成したいのか?

年収1000万円という目標を達成して、得たい何だったのか?

ということがはっきりしていない限り、

あなたはいくらお金を稼げるようになっても、

幸福にはなれないかもしれません。

お金に関しての目標設定は、概ねが通過点に過ぎないことがほとんどです。

例えばその1000万円を使って、世の中に貢献できるような事業をしたい。

昔自分が苦しんだ病気の、ケアをする団体に当てて力になりたい。

挫折仕掛けたときに、その本質的な目標を思い出すと、

きっとあなたはまたやる気がみなぎってくるでしょう。

また、目標となる人物を見つけておくと良いでしょう。

身近に、尊敬できる人、自分もこうなれたらきっと心が満たされるだろうという目標とする人物を掲げておくと、

自然とその人の言葉や行動を真似するようになります。

身近にそのような人がいなければ、著名人や歴史上の人物なども良いでしょう。

男であれば豊臣秀吉や、坂本龍馬、女性であればマザーテレサなど、

世の中に影響与えた偉大な人物がたくさんいますね。

私の場合、歴史上の人物であれば坂本龍馬が好きです。

強くて優しくて、命を惜しまずこの国の改革に貢献した人物だからです。

また身近に尊敬できる治療家がいますので、

その人の言葉遣いや体使いについては、常に近くで見て模倣するようにしています。

【まとめ】

・将来なりたい自分を、明確に設定する

・目標としている人物をつくる

おわりに

体を健康にして、強い心を持って、なりたい自分を明確にする!

根性だけではいつか心がポキってなってしまいます。

ときには思い切って休憩して、自分を見つめ直しましょう。

あとは、今を楽しむことも忘れずに。

【やる気関連書籍】

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする