うつ病を治して夢を実現したければ目標を立てるな!人生の”方向性”を決めよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




はじめに

こんにちは、読書セラピストTOMOです。 今日も私のうつ闘病経験、読書経験を生かして情報発信していきます。

皆さんもうつ克服に役立つ奇跡の一冊に出会えることを信じて、生きていきましょう。

うつ病治して夢実現するには、この心がけを

目標を立てない! 

今日のテーマは、ずばり!うつ病の人が夢実現のために目標を立てないこと。

皆さんは人生の目標、夢に向かっての目標は立てていますか?

目標設定を具体的にしている人ほど、聞いてほしい話です。

特に私たちは、うつ病克服のために具体的な目標を立ててしまいがちです。

たとえば、

・一年後までに普通に働けるようになる。

・今年中に薬をすべて断つ。

・今年は50冊以上本を読む。

・3年以内に資格を取る。

・5年以内に結婚して子供をもつ。

大抵の人にとって目標は、将来に向かった直線上の一点です。

しかし当然のことながら、人生は直線のようには進まず、複雑な多面体であり常に変化しつづけるものです。

目標にこだわることは、人生を営むうえで現実的ではなく、

一点の目標にこだわるあまり、一見目標とは関係のない貴重なチャンスを逃がしてしまうこともあります。

クリエイティブに生きるには”目標”ではなく”方向性”を設定する

目標を絞らないでいると、自由に気の向くままに、創造的な行為に走ることが出来ます。

では目標を立てずにどうするか?

それは目指す”方向性”を設定しておくこと。

目標を立てる代わりに、どのように生きたいか?という観点から人生の方向性だけを決めておく方が、長期的には多くのことを達成できます。

目標を達成できなかった敗北感も、目標によるプレッシャーもありません。

小さな一歩も踏み出しやすくなり、それによる幅広い体験を受け入れる心の柔軟性も生まれます。

多くの人は目標を立てて、それを達成すると新しい目標を必要とします。

目標を設定すると常に精神的な圧力を感じ、目標に向かって努力をしていないと、

いわれのない”罪悪感”を感じます。

そのプレッシャーや罪悪感は、人間の持つ自然の感情や行為を押さえつけ、精神の輝きを奪ってしまいます。

方向性は”ワクワク”に従え!

目標を立てずに進む方向性だけ設定すと、予想もしなかった素晴らしい体験をするチャンスが生まれます。

「大らかさ」や「創造力」は人生に大きな喜びをもたらす源泉になりますが、目標を設定してしまうと2つが失われがちになります。

その状態では、何をするにもパフォーマンスの低下につながります。

ワクワクするような方向性を設定して、その方向に進みだす足取りが人生の勝利へと導く一歩になります。

おわりに

方向性を決めて、皆さんも小さな一歩を踏み出しましょう!

スポンサードリンク


【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする