かけがえのないのも、それは”時間”。やりたくない仕事をしてる場合じゃありませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




はじめに

このブログはどん底を読書で克服した、

私の方法を余すことなく紹介していきます。

皆さんは一日どれくらい働いていますか?

今日は時間について語っていきます。

かけがえのないもの、それは間違いなく”時間”

人生の価値を決めるものとは?

多くの人が一日8時間以上働いています。

それに通勤時間、睡眠時間、食事や入浴その他もろもろの時間を除くと、

自分のために使える時間はせいぜい3~4時間程度。

人生にとって一番大事なものは時間です。

人生の価値を決めるのは、

生きているうちにいかに”自分にとって良い時間”を過ごせたか?

これにつきます。

生活の中で魂が喜ぶ時間を、いかに持てるかに人生はかかっているのです。

元気なうちにやりたいことをやろう

そうすると大切になってくるのは、どんな仕事をするかと言うこと。

仕事は一日のうちで多くの時間を占めます。

やりたくもない仕事を我慢して、お金や名誉のために多くの時間を費やす。

これはとても悲しいこと。

心の深い部分で満たされることが一生無いのは、悲しいこと。

自分が元気なうちに、好きなことをやりたいことをやるチャンスを棒に振るのは、

意味の無い人生を送るということ。

たとえお金や名誉が得られたとしても、犠牲にするものが大きすぎます。

多少貧乏でも、”幸せ”を優先しよう

もし皆さんが心の深い部分を満たすために、

多少の名誉やお金を犠牲にして行動するなら、

是非私はそうするようにお勧めします。

したくもない仕事で毎日覆いつくされているならば、

その仕事はあなたから魂の喜ぶ時間を奪い取っているからです。

ではでは

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする