うつ病で読書をするときの3つの注意点!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




はじめに

このサイトはうつ病を読書で克服する方法や、管理人が実際に読んだオススメ書籍を紹介しています。

 

しかし、ただ闇雲に本を読めばいいというわけではありません。

 

読書の仕方によっては、効果が無かったり、それどころかストレスになり、かえって読書によりうつが悪化するなど逆効果になってしまうこともあります。

 

この記事では、そんな困ったことにならないように、うつ病を読書で克服するうえでの注意点を3つにまとめて紹介します。

 

これが3つの注意点だ!

 

 

①過度にポジティブなタイトルの本は読まない

 

例:「すぐ行動する人が、幸せになれる」

「朝型人間は成功する」

みたいな感じのタイトルです。

 

ポジティブな本は、あなたに

 

“生きていくにはポジティブでなければいけない”

 

という、偏った価値観を植え付けます。

例えば、

「どんな時にも感謝しなければいけない」

 

とか、

 

「周りが暗くても、自分だけは明るくいなければいけない」

 

とか、

 

「どんな人とでも仲良く付き合っていかなければいけない」

 

とか、

 

こういう考えをもっている人とは、正直一緒にいて疲れます。

 

特にうつ状態の時には、ただでさえ少ないエネルギーが、根こそぎ消耗されていくでしょう。

 

そんな“ただただポジティブな価値観”を押し付けてくる人には、反論するのも面倒くさいです。

 

例え本といえども同じです。

 

そんなポジティブな言葉がひたす書いてある本は、読んでいても疲れます。

 

一字一句読むごとにエネルギーが消耗していくのを感じるでしょう。

 

 

ネガティブな部分があって当然。等身大の自分をさらけ出してくれる著者のほうが、自然と共感をもって読み進めることが出来るでしょう。

>>うつ病と読書~うつ病克服のための読書レシピ~ 

>>【おすすめ本】死にたいときに読む本 

 

 

②「買ったからには全ページ読まなければ」と思わない

 

魅力的なタイトルに惹かれて買ったのはいいけど、思ったより読むのが大変。

 

「文字数も多いし、300ページ以上あるから、全部読んで理解するのに2週間以上かかりそうだ・・・。」

 

そんな人は意外と多いと思います。

 

私は、10日以上かけて一冊を読むことをお勧めしません。

 

例えば10日かけて一冊を読み切ったとしても、10日前に読んだ文章の内容を覚えていることはほとんどないでしょう。

 

人間の忘却機能は思ったよりすごいです。

 

実際に10日前の昼食のメニューを思い出して言える人は、100人中1人か2人いればいいところですよね。

 

私がオススメする読み方は、斜め読み。

 

 

最初からすべてを理解しようなんて思わないでください。

 

読書をするときに大事なのは、

 

“筆者がその一冊の中で何を一番述べたかったのか?”

 

がわかることです。そこに筆者の魂がこもっているからです。

 

 

 

まずは、序文をサラッと読んで、目次の部分にしっかり目を通します。

 

その中で、タイトルの真相がわかるような章を最初にしっかり読む。

 

 

そして疑問に思った部分がある場合は、その前後の章を読んで答えを見つける。

 

 

自分の求めている考えにピタリと、一致した時だけすべて読み進める。

 

 

結局すべてのページを一字一句読めたということは、結果論です。

 

 

“面白かったから結果的にすべて読んでしまった。”

 

という読み方がベストでしょう。

 

 

“すべて読んだけど、なんだかいまいちな本だった”

 

なんてことが無いように。

 

 

あなたの人生の大切な時間を、つまらない本で消耗しないでください。

 

 

読んだら少しでもアウトプットしてみることが大事です。

 

つまり、本に書いてある知識や生き方を生活の中で生かすことです。

 

 

少しでも行動を起こすこと。内容を誰かに簡単に説明してあげるのも良いでしょう。

Amazonレビューを書くのも立派なアウトプットです。

 

 

この“アウトプットできるかどうか”が、読む価値があるかどうか基準です。

 

 

だから、どんな本に対しても「買ったからには全て読まねば」という自分の中での縛りは捨てることです。

>>夢をかなえたければ、上手に勉強や仕事をサボろう。 

 

③”一般的な医者”の本ばかり読まない

ここで言う一般的な医者とは、薬を処方することしかしない精神科医の先生の事です。

 

私は薬物療法を全否定するつもりはありません。

 

私も症状が強いときは、お薬に助けられました。

 

だから、うつ病を克服するうえで、お薬は必要だと思いますし、今でも私に薬を処方してくれた精神科医の先生には感謝しています。

 

しかし、残念ながらほとんどお医者さんは、薬を処方することしかしません。

うつ友と話をしていても、患者の顔を見ずに話を聞こうとしないお医者様も本当に多いようです。

>>ほとんどの医者は”健康”についてのプロではない  

 

良くて臨床心理士を雇っているところが一部あるくらいでしょう。

 

 

だから、西洋医学に偏ったお医者さんの本や、メンタルクリニックのサイトを見ると、

 

「うつ病は生涯再発の危険性がある」

 

とか、

 

「再発を防ぐ手段は薬を飲むことしかない」

 

みたいなことしか書いていません(私が休職中はそんなサイトばかりでした)。

 

私自身、この手の本を読んで心がげんなりしましたし、生きる気力が奪われるような感覚を経験しました。

 

 

薬を処方することしかできず、他のアドバイスをできない精神科医の本の目的は、

 

長い期間通院させて、薬を処方することにより医者と製薬会社が儲かる仕組みを作っているだけに思えて仕方ありません。

極端ですがそんな妄想すら抱いてしまいます。

 

だから、一般的なうつ病の原因や薬の知識のみ羅列してるような本やサイトばかり見ないでください。

 

余計状態が悪くなりますし、人生が固定化し消極的になる恐れがあります。

 

 

 

あなたは棺桶まで抗うつ薬を持っていきますか?

 

 

もしそのつもりの人がいたら、当サイトの本やブログ内容はお役に立てないでしょう。

いつか薬は卒業しましょうよ!

 

 

私がおすすめするお医者さんが書いた本はこちら↓

医師が書いたうつ病克服のためにおすすの本3選!~ちょっと変わったお医者さんの言葉が効く!~
医師の本がうつ病に効く!このブログはうつ病を読書で克服した私、読書セラピストTOMOの体験記や有用な情報を随時発信していくブログです。読書で得た人生の教訓を、す...

 

 

おわりに ~うつで読書するときの鉄則~

 

読書は人生を変えます。

 

それは良くも悪くもです。

 

読書によりうつを克服して、さらに読書でより人生を充実させるには、

 

読書すること自体にストレスを感じないような読み方です。

 

 

「読書しなきゃうつが治らない」

 

「つらくても頑張って読まなきゃ」

 

なんて決して思わないこと。これはうつで読書をするときの鉄則です。

 

 

一日5分、頭に入ってきやすいところだけ、全部読まなくてもいいんです。

 

うつ病での読書はリハビリです。

 

リハビリは辛いと続きません。楽しいリハビリを続けましょう。

>>うつ病になって良かったと思える本 

>>うつに効く瞑想CDブック3選 ~幸せを引き寄せてうつを消そう~ 

【おすすめ書籍①:「うんうんっ!」っておもわず共感してしまう本。マンガ読みながらうつ疑獄を抜ける糸口が見えてきます】

【おすすめ書籍②:精神科医みやじっちの本。面白い方法でうつを治すノウハウが書いてます】

【おすすめ書籍③:うつを抜けるストーリーは人生ドラマ。一生使える多数の人生ドラマをコミックで】

スポンサードリンク


【関連記事】


【オススメ情報①】

不眠に特化した成分が10以上

特許成分セロトニンを増やして夜のぐっすりをサポート

おすすめ快眠サプリメントネムリス

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつ病脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする