ヴィパッサナー瞑想で得た、たった1つの真実。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは人生のどん底を読書で克服した私、読書セラピストTOMOの体験記、うつ克服に役立つ情報を余すことなく綴っていきます。


皆さんこんにちは、今日もブログを閲覧していただきありがとうございます。

スポンサーリンク




はじめに

毎日普通に働けるようになって、充実感と幸福を感じていると、

数年前体験した10日間の瞑想合宿を思い出されます。

ヴィパッサナー瞑想を体験したからこそ、本当に家族と一緒に過ごせることが幸せに感じます。

瞑想の修行が辛い思い出と言うわけではありません。

とても貴重な体験で、ありがたいものでした。

もちろん現在も継続しとります。

ヴィパッサナー瞑想で得た、たった一つの真実

合宿中の生活内容

合宿は京都の山奥で行われます。自然豊かで感動的な環境です。

家族と離れて誰とも会話もせず、テレビやネットを断って10日間過ごす。

それだけで不思議な体験をできます。

朝は4時に起きて、夜9時に寝る。

瞑想を10時間毎日行う。

合宿中は1日2食。正午以降は果物以外は口にできません。

肉や卵など動物性の食品は、一切口にできません。

また、他の合宿参加者ともお話はできず、目も合わすことも禁じられています。

とことん自分の心と向き合う10日間を体験できます。

浄化が始まる


瞑想初日の夜は、正直言って辛くて辛くて仕方なかったです。


今まで不摂生な生活をしていた分、体と心から毒が出ていく感じがしました。

読書に出会い心はかなり浄化されたつもりでしたが、瞑想によりさらに本格的に浄化されたという感じです。

浄化されている最中、つまり瞑想開始3日目くらいまでが辛かったです。


眠れなくなり、体がしびれ、そわそわし、無性に家族に会いたくなるというホームシックにも襲われました。

体の感覚が研ぎ澄まされる

ところが3日目くらいから、それらの症状がなくなり、逆に体の感覚が研ぎ澄まされてきます。


瞑想開始3日間はヴィパッサナー瞑想ではなくアーナーパーナ瞑想という瞑想で、

これはヴィパッサナー瞑想を開始する前の準備段階として行う瞑想で、

主に精神を集中させて心を浄化させることが目的のものです。

余分な情報を断って、完全に菜食に徹する、そしてあらゆる殺生を行わず他人と一切会話しない。そして9時に床に就く。

この生活が、体の感覚を鋭くしていきます。

合宿じゃないと、なかなかこの体験はできません。


今まで自宅で瞑想していましたが、自宅での瞑想も一定程度は効果がありましたが、

やはり合宿で体験した境地に至ることはありません。

諸行無常を体で体験できる

合宿で正しいやり方の指導を受けて行うことにより、瞑想中の体の感覚が本当に研ぎ澄まされていきます。

そして心の乱れ(嫌悪、渇望)が体の感覚として現れるのを体験できます。

その体の感覚は、現れては消えて現れては消えてを繰り返します。

つまり、心の乱れである渇望や嫌悪、悩みや苦しみも現れては消える、また現れては消える。

そんな性質があることを実感できます。


それを諸行無常(アニッチャー)と言います。

それを体験するには、呼吸や体の感覚をじっくりと観察する必要があります。

7日目くらいから、気持ちがだいぶ落ち着いてくる。”人が変わる”そんな感じ


悪いことや良いことが頭をよぎっても。平静な心で観察すること。

ソワソワしている気持ちは、どんな人でも少なからずあります。

なことが思い浮かんでも、すぐに冷静になり、消せることが出来る。

この体験ができるようになる。それが6~7日目くらいからでした。

あくまで私の表現ですが、”人が変わっていく”そんな感じです。

合宿から帰宅した時に、家族から「人が変わったみたいだね」って言われました。)

一日10時間瞑想していると、6日目か7日目くらいでそれを体験できました。

マインドフルネス瞑想をさらに深めたい方は、ヴィパッサナー瞑想へ

私は病気休職での職場復帰から3か月後くらいに、マインドフルネス心理療法を実践しました。


このマインドフルネス心理療法を実施し、1年くらいかけて症状は改善し、かなり前向きに人生を送ることが出来るようになりました。

ある程度良くなって、薬なしでも日常生活を過ごせるようになったら、さらに読書に励み、

心理学や原始仏教を勉強しました。

そんな中でマインドフルネスのルーツである、ヴィパッサナー瞑想の存在を知りました。


マインドフルネスを実践しさらに瞑想を深めて、瞑想の本質を知りたい方には、

ヴィパッサナー瞑想をお勧めします。

ちなみにヴィパッサナー瞑想は、病気の治癒を目的に実施するのはご法度とされています(病気の治癒が執着が一種の心の濁りになるからです)。

そんな次元を超えた、苦しみの無い、濁りのない平静な心で本質的な”生き方”をするための修行です。

うつの症状が強く出ている時には、少々辛い修行内容なのでお勧めできません。

ある程度症状が治癒して、自信がついたら少しずつ実践していくべきだと思います。

瞑想で得られた1つの真実


人間にとって一番大切なことは、

どれだけたくさんお金を稼げるか、でもなく。

どれだけ偉くなれるか、でもなく。

どれだけ人に認められるようになるかでもない。


人間にとって一番大切なのは”生き方”です。


京セラ創業者の稲森和夫氏も言っています。

「善きことを思い、善きことを行うことによって、運命の流れを善き方向に変えることが出来る。

人間は運命に支配される一方で、自らの前思善行によって、運命を変えていける存在でもある」

この考えは、ヴィクトール・フランクルが提唱する「態度価値」、

そしてヴィパッサナー瞑想修行者が目指すところの考えに通じるものがあります。


もっと自分らしい幸福、見返りを求めない他者貢献、自己犠牲感を伴わない奉仕の精神、

運命に左右されない本質的な生き方をするために、ヴィパッサナーの修行が役に立つと思います。

人間にとって大切なのは、生き方です。

>>日本ヴィパッサナー協会

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする