『私なんか…』が口癖だった、ネガティブな私を変えた本3冊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネガティブな性格を変えた本はコレだ!

スポンサーリンク




はじめに

毎日落ち込むことがあると『どうせ私なんか…』と思っていませんか?

少し前までは、私もそうでした。他人からの心ない一言や、それをいちいち気にしてしまう自分のことが、嫌で仕方なかったのです。

そんな時、落ち込んでいる私に運命の出会いがありました。

それはこれから紹介する3冊の本です。

私の人生を大きく変えた本は、きっとあなたの人生にも何かしらの変化をもたらすことでしょう。

この瞬間からネガティブとはさよなら!おすすめ本3冊!

①ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

人生を変えた本はまずこれです。毎日生活のために好きでもない仕事をなんとなくしていると、自分にとって本当の幸せが何か分からなくなってしまいます。

同じようなことを感じたことはありませんか?

答えがイエスだったあなたには、この1冊をオススメしましょう。私にも多くのことを教えてくれました。

この本は、米国で2万人以上のライフワークをその根本から変え、自分らしく生きる人生へと導いた著者マイク・マクナマスによる本格派の自己啓発本です。

『自分が本当にやりたいことは何なのか』を探すための方法や、実際にやりたいことを仕事にする方法などが書いてあります。

誰にでも簡単に読めるように、全編分かりやすい表現が使われていて、人生を難しいものにしている考え方や、原因を一つ一つ丁寧に説いています。

もっと気持ちを楽に生きていきたい、そう思っている人の背中を正しい角度から、正しい力加減で押してくれるそんな1冊です。

②小心者でもサラリとかわせる『断る』心理テクニック

次に選ぶのは、この『断る』心理テクニックの本です。

みなさんは、やりたくない頼まれ事や、行きたくない飲み会をしっかり断れていますか?

上司や先輩の誘いはなかなか断れないですよね…。

私は友達の誘いであっても、断るのに少し緊張してしまいます。

『行きたくないけど断れないし、どう断ればいいか分からない』

『断って相手を嫌な気分にしてしまったらどうしよう…』

など、悩んでいるあなたに、この本はしっかり手を差し伸べてくれるでしょう。

本のタイトルの『サラリとかわせる』というところに、惹かれた方も多いのではないでしょうか。

心理学者、内藤誼人によって書かれたこの本は、断れない人がどうすれば相手を嫌な気分にせず、気持ち良くしっかり断れるかを、コミカル且つ丁寧にまとめた1冊です。

様々な場面での『断れない』が書かれ、その場面ごとに最適な断り方やアドバイスが書かれています。

仕事上での上手い断り方などの記載もあり、手元に置いておけば困ったときにきっと役立つオススメの良書です。

私は威圧的な人が苦手で、嫌だと思っていてもなかなか断ることが出来ない人生を歩んできました。

相手を不快にさせることなく断る技術も、ユーモアのセンスも持ち合わせていなかったのです。

しかし、この1冊と出会って『もうどんどん断る!』と、にやけてしまう程、断ることで気持ちが重くなることが減りました。

明るい気持ちで断れるので、心優しい(気の弱い)方には必読の心理本です。

③チーズはどこへ消えた?

永遠のロングセラーと謳われる1冊です、ご存知の方も多いと思います。

この本は、会社を辞めて新しい仕事を始めようか悩んでいた、当時の私のために書かれたのではないかと思うほど、その時の私にとってぴったりの本でした。

今の仕事に満足していますか?答えがイエスでもノーでも、あなたにぴったりの本でしょう。

チーズはどこへ消えた?は、1998年にアメリカで出版され、

その後、全世界で累計2400万部を売り上げる大ベストセラーとなりました。

この本の登場人物は、2匹のネズミと、人間のような頭脳を持つ2人の小人です。

ビジネス書にネズミが出てくることにまず驚きますが、そのストーリーの創りは衝撃的で、きっとこれから読むすべての人がショックを受けるでしょう。

また、ビジネス書という分野だけにはとどまらず、仕事に生きる人々の在り方についても深く考えさせてくれる、そんな1冊です。

この本に出会う前の私は、今までの仕事を続けるのかそれとも思いきって独立するのかで、とても悩んでいました。

そんなとき友人に勧められたのがこの本です。

読み終わってから、素晴らしい本を読んだという実感で呆然としてしまい、気持ちを整理するのに時間がかかりました。

迷っていたことに、今すぐにでも結論が出せてしまいそうだったからです。

1時間以内で読めて、これから先の人生でずっと活き続ける考え方がこの本の中には詰まっています。

仕事を辞める、辞めない、など人生において何か決断できずにいるあなたに、是非この本を読んでもらいたいです。

この本は、勇気を絞り出すための本ではありません。

読むことで、これまで見えなかった選択肢がたくさん見えてくるでしょう。

その選択肢の存在に気付かせてくれる、そんな本だと思います。

あなたの周りにいる、いつも仕事で躓いてしまう人や、これからのことで悩んでいる人がいれば是非勧めてみて欲しいです。

結論:ネガティブな心、それには本が解決への鍵

悩んだり、躓いたとき、本を読むことで助けられることが多くあります。

本は、世界中のどこかであなたと同じことで悩んだ人が書いた、人生の地図のような物だと思います。

時には色々な考え方や、困難の乗り越えかたを、誰にも知られずにこっそり教えてくれるでしょう。

それは、今もこれから先も変わらないことです。気に入った本を手にとって、これからの人生に活かしていきましょう。

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする