恥ずかしい思いは積極的にしたほうが良い3つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恥ずかしい思いをして、成長しよう!

スポンサーリンク




はじめに

恥ずかしい思いって、したくないですよね。

恥ずかしい思いをすることによって、

いつまでも、その時のことが思い出されて、

いわゆるトラウマとなって行動力を奪ってしまいます。

とにかく恥ずかしい思いをしたくないから、自分の意見を言わない。

恥ずかしい思いはしたくないから、やりたいことをやらない。

ある意味それは、周りに迷惑をかけない、自尊心を保つためのまっとうな生き方です。

自分が恥をかくことによって、

自分の身内にまで、迷惑をかけたら大変なことだと考えてしまいます。

とにかく恥ずかしい事は、しないに越した事は無い。

でもそれって本当にそうなのでしょうか?

恥ずかしい思いは、人生で必要無いのでしょうか?

恥ずかしい思いをすると、誰もがトラウマになったり、

誰もが身内に迷惑をかけてしまうのでしょうか?

恥ずかしい思いをしないかわりに、

大切なものを失ってはいないでしょうか?

そんなことはありません!

恥ずかしい思いはむしろ積極的にするべきです!

それは人が成長するために、必要なトレーニングです。

ここに恥ずかしい思いをした方が良い3つの理由を紹介します。

これが恥ずかしい思いを積極的にするべき3つ理由!

①そもそも気にしているのは自分だけ

そもそもですが、恥ずかしいことというのは、

あなた自身が恥ずかしいと思っている、

ということであって、周りの皆がそう思っていることではありません。

大抵そんなもんです。

あなた自身が、

「あの時あんなことを言って恥をかいてしまった」

思っていたことも、

周りの人は実はほとんど気にしていないことが多いのです。

恥をかいたこと自体、あなたの思い込み。

たとえ周りが、笑ったとしても、大して深い意味のない笑かもしれませんし、

「こんなに面白いこと言えるのは頭がいいのかな」

と尊敬の念まで抱いているかもしれません。

自分が馬鹿にされているとか、嫌われているとかと言う思い込みは、

悩みやすい人の中には結構あるものです。

だから、あなたが恥ずかしいと思っている事自体、

恥ずかしいことではない、ということを頭に入れておきましょう。

人のことを馬鹿にしたり、

人のことをあざ笑ったりする方がよっぽど恥ずかしいことなのです。

②思い通りの行動ができるようになる

「苦労は買ってでもしろ」とはよく言われたものです。

特に若い頃の苦労は、後に役に立つことが多く、苦労すればするほど、人生の対応力が身に付くと言うことです。

これは、「恥ずかしい思いをする」ということにも言えます。

若い頃から、恥ずかしい思いをたくさんしておいた方が、

度胸がついて何に挑戦するにも、ためらいなく行動ができます。

行動は早いほうが得ですし、

あなたが行動することによって、たくさんの人が救われることだってあります。

人は貢献することによって、幸福感を覚えます。

だからあえて、

「こんな風に思われたら恥ずかしい」

「これを言ったらみんなから変と思われるかな?」

と思うことをあえてやってしまいましょう。

やってしまえば思ったほど大したことないということに気づきます。

もしかしたら笑われることもあるかもしれませんが、

それもその日もしくは数日間だけです。

何度も蒸し返してくるようなヒマな相手とは、今後付き合わなければ良い話です。

それよりも、「意外と平気だった」という体験の方が多いはずです。

そんな”恥をかく練習”をするうちに、

はじめて人は人の目を気にせず、

思い通りの行動ができるようになっていきます。

③「恥をかいた」ということは”成長した証”でもある

人は成長すると、良い意味で個性的になっていきます。

成長することで今のグループから抜け出すことになり、周りから理解されなくなっていきます。

「恥をかくのは嫌だけど、自分の個性を伸ばしたい」

というジレンマに多くの人が苦しんでいるでしょう。

恥をかきたくないのであれば、

周りの人に合わせて、周りが理解してもらえる程度の行動していればいいのです。

でもそれが嫌だから、

「恥をかきたくない」と悩んでいるのですよね。

成長して個性を持った瞬間、間違いなく周りから、

「ちょっと何言ってるのかわからない人」とか

「あの人は何考えてんのか全然わからない」

と思われてしまうものです。

大人になればなるほど、お互いの好きなものがバラけていきます。

それは時が経つにつれて、価値観が多様化しているから当たり前のことです。

多数派に流されずに、強い意志を持って成長するという事は、

秀でた価値観を持つと言うこと。

周りから理解されずに、恥をかくような行動しているあなたは、

秀でた価値観の持ち主である証なのです。

結論

いわゆる”メンタルが強い人”

というのは、恥ずかしいという感情がある意味麻痺したところがあります。

そもそも、恥を恥だと思っていないから、

いろんな行動ができちゃうのです。

中にはそれを、目障りだとか、

迷惑だとか思う人がいるかもしれませんが、

正しいことをする事に対しても、

こっぱずかしさも持っていないので、

世の中のために大いに役に立っています。

恥をかくのが怖くて、言いたいことも言えない人、

何も行動を起こせない人は、

恥をかくことのへの恐怖心を麻痺させたほうがいいかもしれません。

だから意図的に恥ずかしいことをたくさんした方が良いのです。

結論!

恥ずかしい思いをたくさんすることは、

心を成長させるトレーニングだ!

【おすすめ記事】

>>覚悟を身に付けるための5つの習慣

>>人の話は聞かないほうが良い3つ理由

>>仕事を長く続けるための3つの心がけ

>>モーツァルトを聞くと幸せになれる3つの理由

>>プラモデルがメンタルに良い4つの理由

>>打たれ強くなるための10の思考

【関連書籍】

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする