うつ状態で仕事を乗り切るコツ③~あえて失敗してみる~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはうつになり、読書に出会うことで回復し、

夢に向かて生きることの大切さを痛感した私、

TOMOの体験記を赤裸々に綴っていきます。

また、うつからの復活に必要な有用な情報も随時アップしていきます。

みなさんこんばんは約2カ月ぶりですね、お久しぶりです。

ダイエットに熱中していたのでブログをさぼりがちになってしまいました。

おかげで10キロ弱のダイエットに成功。

いやいやしかし2ヶ月で10キロはストイック過ぎるとやや反省しております。

スポンサーリンク




はじめに

今日はうつ状態で仕事を乗り切るコツとして、心構えを一つ紹介します。

それは仕事で思い切って失敗してみること。

失敗してみる

やはり失敗は怖い

一般的には”失敗を恐れるな”という精神論が有名です。

とても大事な心構えだと思いますが、

言葉で失敗を恐れるなといわれても、

今まで慎重に生きてきた我々としては失敗に対する恐怖心は消えません。

そう、言葉で言われても。

その恐怖に打ち勝つ方法

この恐怖に打ち勝つには、思い切って失敗をしてみる事です。

わざと大きな失敗をしろと言っているわけではありません。

初めは小さな失敗からやってしまいましょう。

うつ以前の私は、少しの失敗を指摘されるのが怖くて怖くてたまりませんでした。

実際に周囲がそういう人間で囲まれていました。 うつ休職から復職しても失敗が怖くて、

何度も劇うつ症状に襲われました。

ある気づき

でもある日気づきました。

本当に問題なのは失敗をする事ではなく、

失敗をするとすべて終わりだと思っている心

この心がある限り、いくら休息してもすぐに心は疲れる。

それ以来、私は小さな失敗は積極的にしてみるくらいの心構えで生きるようになりました。

変な話ですが、失敗したら反省もしつつ、少し自分を褒めてあげてます。

この心構えを持つだけでだいぶ心は軽くなり、仕事の結果的にパフォーマンスも向上しました。

おわりに

皆さんも小さな失敗ウェルカムで、 大きな失敗も少し反省しつつ、自分を褒めることを忘れずに。

おおざっぱになった自分を褒めるのです。

大丈夫。 大して周りは何も変わりません。

命まではとられません。

ではでは、おやすみなさい。

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする