生きる意味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはうつ病を読書に出会うことで克服した私TOMOの体験記を赤裸々に綴っていきます。 また人生の岐路に立つ皆様のためになる有用な情報もシェアしていただければと思います。  皆さんも自分の人生に奇跡を起こす一冊に出会えることを諦めないでください。

スポンサーリンク




はじめに

さてさてここ数年私は”生きる意味”について真剣に考えることが良くあります。 きっとこれを考える人たちは、今の境遇があまり思わしくない人が多いのではないでしょうか? それとも、本当に哲学的な人。 真剣に生きるからこそ、考えるテーマでもあります。

生きる意味

生きるのは辛い、なぜ生きる?

人生楽しいことが続いていれば、こんなことは考えることはないでしょう。何も疑問に思わず「生きるって最高!」って思えたりもします。

でもでも、人生そう楽しいことばかりではありません。 給料が下がって生活が苦しい人。 恋人に振られて、絶望的な気分の人。 毎日会社で上司に怒られている人。 朝8時から働いて帰りが毎日午前0時を過ぎてヘトヘトな人。 流産やわが子に先立たれた人。

そんな辛い辛い出来事が立て続けに続いたりして、怒りや悲しみに暮れている人は、 ”生きるのが辛い”

と感じてしまった事があるのではないでしょうか?

そしてその先に ”こんな辛い思いまでしてこの先何のために生きるのだろう?”

とか ”こんな自分の人生にこの先何が期待できるだろう?”

と考えてしまいます。

そう、生きる意味すら分らなくなってしまう事ってよくある話だと思います。

生きる意味を問いてはいけない

そんな時、オーストリアの精神科医であるビクトール・フランクル氏は言います。 ”人生に何を期待出来るかを説いてはいけない。”

”人生が人間に問いかけているのである”

それは”人生の意味”を。

我々は問われている

人間の方から人生に何かを期待しているうちは道は開けないということ。 どんな出来事でも人生から自分が意味を問われているのだと考える。

人間はその問いに答えていくだけ。

そんな生き方をしていると、本当の自分のミッション(人生でやるべきこと)が見えてくる。 きっとうつ病になったこともすごく意味があること。

おわりに

うつ病もあなたを奮い立たせる人生からの問いかけかもしれません。 いや、きっとそうです。 どんな悲惨な境遇でも、そのことだけは忘れないでほしい。

今日はこんな事を伝えたかったです。

スポンサードリンク


【関連記事】


【オススメ情報①】

不眠に特化した成分が10以上

特許成分セロトニンを増やして夜のぐっすりをサポート

おすすめ快眠サプリメントネムリス

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつ病脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする