”自分を変えたい”という人が知っておきたいたった1つの真実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、うつ病を読書に出会うことで克服し現在夢を追ってひたむきに生きている私TOMOの体験記を赤裸々に綴っていきます。

またうつの気持ちを奮い立たせるメッセージを発信していきます。

皆さんも自分の人生に奇跡を起こせる一冊に出会うことをあきらめないでください。

スポンサーリンク




はじめに

皆さんこんにちは。 年末で寒くなってきましたね。 私はこの時期になると、なんだかそわそわして仕事で失敗をしやすくなってしまいます。

年末を気持ちよく過ごしたい。

仕事に問題を残したまま正月を迎えたくない。

厄介な仕事は早く終わらせたい。 そんな焦りの気持ちが背景にあるのだと思います。

実際仕事に問題を残したまま年末を迎えることなんて、自分で完全にコントロールできるもんでは無いんですけどね・・。

年末の時期になると毎年、こんな自分を変えたいと思っていました。

自分を変えるには

変わればうまくいく?

皆さんも自分を変えたいと思うことってありませんか? プレッシャーに弱い自分を変えたい。 飽きっぽい自分を変えたい。 すぐに妥協する自分を変えたい。

これが変えられれば自分の人生はすべてうまく回るんだ。

そんな風に思うことあると思うんです。

受け入れることの大切さ

そんな人にお勧めの言葉がカウンセリングの神様であるカールロジャーズの名言にあります。

自分のダメな部分をこれも「自分の一部だ」と受け入れられたとき、はじめて人は本当に変化し始める

私たちは常に自分の人生をより良い方向に変えていくように自分をコントロールすべきだと考えます。

そのために今のままではだめだ。こんなはずではない。プレッシャーに左右されるようではだめだ。

とこんな風に、自分はもっとポジティブであるべきだと考えます。

自分をカチコチに固めるな!

しかしロジャーズはこんな風に自分に「こうあるべきだ」と言い聞かせているうちは自分を固定化してしまい、本当の変化は実現しないと言っています。

そう、人生を固定化させてしまっているのです。

それではカウンセリングの神様ロジャーズはどうすればいいと言っているのか? それは、

  本当に人生を変えたければ、変わろうとせず、まず受け入れること

自分に何かを無理やり言い聞かせて、人生を固定化させるのをやめて、 ダメな自分を受け入れる。

何もしたくない自分を受け入れる。プレッシャーに弱い自分を受け入れる。

”あるがまま”は最近注目のマインドフルネスの基本

とにかく自分の中にあるネガティブな要素をすべて受け入れて、そんなダメな自分を認めてあげること。

マインドフルネスの世界でも徹底受容を基礎の基礎としています。

この辺はカウンセリングの世界でも共有する部分でしょう。

まずは自分を徹底受容し、自分の内なる声に耳を傾けることが出来たとき本当の変化は始まるといわれています。

おわりに

もう少しで今年も終わり。

いま忙しくてそわそわしやすい時期にこの記事を書けて本当によかったです。

私自身、ダメな部分を受け入れて一つ大きくなっていきたいと思います。

皆さんも私と一緒に、失敗をチャンスに変えていきましょう!

ではでは今日は読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


【関連記事】


【オススメ情報①】

不眠に特化した成分が10以上

特許成分セロトニンを増やして夜のぐっすりをサポート

おすすめ快眠サプリメントネムリス

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつ病脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする