執着を生む3つの心の状態

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはうつを読書で克服した私読書セラピストTOMOの体験記を自由気ままに綴っていきます。

スポンサーリンク




はじめに

今日は苦しみ、悩みの根源となるものの正体を明かしていきます。

前回のブログで苦しみは執着に根源があり、

その執着に対して”反応すること”が苦しみを生み出すと話しました。

その執着を生み出す心の状態は大きく3つに分けられます。

執着の元凶はこの3つ

三悪とは?

これは原始仏教では三悪とも呼ばれている人間の苦悩の正体です。

 貪欲、怒り、妄想

これが悪しき心を表す3種の分類です。

  貪欲とは?

これは求めすぎる心のこと。焦りや人間関係の不満はこの求めすぎる心にあります。

この貪欲に支配されると、自分自身も苦しいし家族や自分と関わる様々な相手も不幸に導いてしまいます。

常に自分の心が貪欲に支配されていないか、心を点検していきたいものです。

  怒りとは?

これは言葉の通り心が落ちつかずにイライラしている状態。機嫌が悪いとき、

イライラするとき「今自分は怒りを感じているのだ」と理解するようにしましょう。

「なんだかよくわからいけどイライラする」と理由の無い怒りを感じている人は結構いるものです。

その怒りは大抵が”求めすぎる心”が生み出しているということを理解して、怒りを鎮めるようにしましょう。

 妄想とは?

これは頭の中でぼんやりと何かを考えている状態です。

「あれこれとつい余計なことを考えてしまう」

「気が散って落ち着いて物事に取り組めない」

など、これらの犯人も妄想です。

私が苦しんだ強迫観念も妄想のひとつと入れるでしょう。

脳は簡単に恐ろしい想像を作り出してしまいます。

これも、根源をたどると”求めすぎる心”が深く関係しています。

なんだかすごく心配になって来たら「今妄想しているんだ」と気づきの言葉を、

入れると苦しみから解放される手がかりになりえるでしょう。

これら3つの事を知るのはは苦しみから解放されるために、心を理解する過程で重要なことです。

この心の状態に気づいたらコレをやろう

 この3つの心に気づいたら

 「今○○しているんだ」と気づきの言葉を入れてください。

これをラベリングと言います。

もしかしたら気づくことすらできず、時間がたって「あの時妄想していたんだ」と気づくかもしれません。

その時はそれでもかまいません。

徐々にリアルタイムでラベリングすることに慣れてくるでしょう。 何事も練習が必要です。

 うつを克服して強くなる人は、このラベリングがとても上手にできている人たちだそうです。

皆さんもぜひ実践してみてください。 ではでは。

おわりに

<今日のまとめ> 貪欲、怒り、妄想に気づいたら気づきの言葉(ラベリング)を入れよう。

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする