誰でもできるヨガ②~なぜヨガがうつに良いの?~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはうつを読書で克服して、

夢に向かって生きることの大切さを痛感した私TOMOの、体験記や有用な情報、

そして乗り越えた今思うことを自由気ままに綴っていきます。

スポンサーリンク




はじめに

こんばんは。今日もブログを読んでいただき感謝します。

自分でもこんなにたくさんの方々が読んで頂いていると思うと、

ちょっと緊張感が湧いてきます。

このブログで、うつと闘っている方の力になれればこんな嬉しいことはありません。

ではヨガについて語っていきたいと思います。

なぜヨガがうつ病に効くのか?

心と体のつながり

ヨガは”体をコントロールすることで間接的に心をコントロールする”ということを、

前回のブログでお話しさせていただきました。

なぜ体をコントロールすると心がコントロールできるのか、よくわらないですよね。

ここに統合医療的な思想が入ってくるのですが、”心と体はつながっている”という大前提が出てきます。

多くの方は心と体は別物だと考えがちですが、

実は心と体は密接に結びついています。

例えば人間の体はストレスと感じたり不安を覚えたりすると、自然と呼吸が浅くなり短くなります。

自分で自律神経を整える唯一の手段

ところが、前回のブログの最後にお伝えした方法のように、

意識的に深くゆっくり呼吸をすると自律神経が整って気持ちもゆっくり落ち着いてくるのです。

このように心が変化すると体も必ず変化してきます。

反対に体を少し調整するだけで心も変化していくものなのです。

この話、もっと深くすると免疫細胞の機構や潜在意識への働きかけの話になっていきます。

ここではややこしい話は省いていこうと思います。効けばいい話なので。

ヨガは呼吸と姿勢を整えることで自律神経の働きを正常に戻します。

すなわち、ヨガはストレスによって乱れた自律神経、つまり心と体がバラバラになった状態を円滑に整え、

心と体を結びつけ精神を強靭なものにしていくテクニックの集大成なのです。

実践「英雄のポーズ」

ではみなさん、今日はうつにもっとも効くとされる英雄のポーズをとりましょう。

①足を前後に大きく開き、前の膝を少し曲げて前の足に体重をかけます。

②両腕を上に伸ばし両掌を合わせます。

③体を出来るだけ反らせて上を見ます。

④2秒かけて息を吸って、4秒かけて吐きます。これを3セット。

これでじわじわと体が整っていきますよ。絶対です。

おわりに

では私はアロマテラピーしながら、

英雄のポーズを10分間やって寝ますね。

皆さんもよかったら毎日寝る前にやってくださいね。

おやすみなさい。

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする