うつ病に役立つ副交感神経。働きを良くする方法3つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病に必要な副交感神経を活性化する方法って知ってますか?

神経の興奮が続いては心が休まりません。

リラックスする神経を活発にしましょう。

このブログはうつ病を読書で克服した私読書セラピストTOMOの体験記や有用な情報を綴っていきます。

私はいろいろな人生を変えてくれる本に出会えました。

健康本も大切なカテゴリーの1つです。

皆さんもぜひ自分に合った人生を変える本に出合ってください。

スポンサーリンク




うつ病と副交感神経

今日は私が本から学んだ、うつ病など病気予防には欠かせない副交感神経を活発させる方法について語っていきます。

副交感神経を活発化することは、体をリラックスさせてうつ病をはじめとした病気の自然治癒力を高めてくれます。

(※ただうつ病は場合によっては交感神経も弱っていることがあるので、違うアプローチもケースによって必要です。何事もバランスが大事です!)

温泉の記事で触れてます。

病気とは風邪やインフルエンザ、癌、そして神経症、パニックなどの精神疾患も含みます。

しかし副交感神経を活発にする方法と言われても巷に溢れている方法はたくさんあり、 皆さんどれを選んだらいいのか迷いますよね。

そこで私の読書経験&実践から、比較的即効性がある副交感神経を活発させる方法を3つ厳選して紹介します。 どれも手軽にできるものばかりです。

副交感神経を活発にする3つのこと

副交感神経を活発にする方法その①「お白湯を飲む」

まずはお白湯を飲むこと。

お白湯を飲む習慣があると体温が温まり基礎代謝が上がります。

胃腸から温められるので、全身の臓器に熱が生き各機能が活発になります。

基礎代謝が上がるので当然ダイエット効果や体から毒を出すデトックス効果も抜群です。

またお白湯を飲むことで、体のあらゆる部分の緊張がほぐれ緩んでいくので精神的な部分でも緩んできます。

これが人間関係では相手を許す気持ちや、執着を手放す心につながっていくことも十分に考えられるでしょう。

お白湯の作り方はやかんで10分沸騰させたほうがいいのですが、なかなか大変ではあると思いますので電気ケトルで手軽に作るのもいいでしょう。

時間のある時はコップ一杯にアツアツのものをゆっくりさましながら10分くらいかけて飲むのが良いですが、時間の無いときは飲める程度の熱さまでさまして飲むのでも十分に効果は感じられます。

私は朝一番と寝る前は必ず飲んで、一日に合計4~5杯くらい飲んでます。

>>温活でうつ病を治す!~不安やイライラ、やる気が出ないのは冷えてるからだ!~

>>サポニンがうつをやっつける?!うつ病の総合サプリがここに。

副交感神経を活発にする方法その②「首周りのストレッチ」

次に首周りのストレッチです。

現代はパソコンやスマホなどが欠かせない世の中です。

パソコンやスマホは知らず知らずのうちに熱中し、

首こりになる可能性が非常に高いです。

首こりなるとなぜいけないのか?

一言でいうと脳への血流が悪くなりあらゆる脳細胞の動きが鈍くなります。

そして自律神経系の働きもマヒしてしまい、興奮状態から解放されない状態が続きます。

夜中にスマホをやりすぎて眠れないという経験はありませんか?

あれは自律神経系が活動不全状態を起こし副交感神経がうまく働かない状態です。

首周りのストレッチを行うことにより首の周りの筋肉が緩み脳への血流が改善していきます。

また首の周りにはたくさんのツボやリンパ節、神経節があるので神経の働きも正常化していきます。

首を前・後・横・ゆっくり回す、などの単純の動きでいいです。

コツとしてはゆーっくり行うこと。

しっかり行うことで頭はすっきりして、肩や手の動きまで改善していきます。

>>うつ病に効くインナーマッスルトレーニング

副交感神経を活発にする方法その③「呼吸を数える」

3番目は呼吸を数えること。

よく呼吸法が精神修養にいいと言われますが、いったいどれくらいやればいいのかわかりませんよね?

40分から50分毎日やらければいけない書いてある本もありますが、 実際にはそれを我慢できる人はなかなかいません。

そこで私が勧めるのは深呼吸をしながら呼吸を数えること。

特に腹式呼吸にこだわらくてもいいです。

1から10まで数えるのを1セットとしてそれを3セット。

時間にして約3分。 朝晩を基本として好きな時間にやってください。

これなら続けられる人も多いし、適度な達成感を感じることもできるのではないでしょうか?

ポイントとしては吸う時よりも吐く時間を長くすること。

吸う時間が1秒だとすると吐く時間は2~3秒。

このポイントを守ることにより副交感神経が活発になります。

息を吐く行為は副交感神経を直接刺激するからです。

以上が私がお勧めする副交感神経を活発化する方法です。

>>うつ病克服のためのマインドフルネス!~読書で学ぶマインドフルネス~ 

>>うつ病に効く言葉 ~症状別、あなたを助ける10の名言~

おわりに

いかがでしたか?

超簡単ではないですか?

これでお金をかけずに自分の心と体を十分にリセットできます。

副交感神経が活発化する方法を知っていると、

人生のあらゆる局面で自分の真の力を発揮できますよ。

ではでは今日も読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする