うつのあなたは男性ホルモン足りてますか? ~エネルギッシュに生きるなら男性ホルモンを増やせ!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつには男性ホルモンを補給?

男の人にとって、男性ホルモンが減るという事は、太ったり疲れやすくなったり、EDになったりすることだけではありません。

男性ホルモンがないと、ネガティブシンクになったり、やる気がでなかったり、

うつな心になってしまいます。

そう、あなたのうつは男性ホルモンが足りないからかもしれません。。

いやマジで、、。

※ちなみに男性ホルモンが増えると禿げるというのは都市伝説で根拠は無いそうです。

スポンサーリンク




男性ホルモンが減るとうつになる?

ホルモンバランスによってメンタルに不調が出るのは、女性だけではありません。

男性もホルモンのバランス不全によって心のバランスが乱れます。

現に世の中には、男性専用の更年期障害の外来がある位です。

男性も中年の危機やミドルエイジクライシスなんて言葉があるように、40代半ば位から更年期障害のような症状を呈することがあります。

これは男性ホルモンのバランスの乱れと言うふうに言われております。

男性ホルモンが少なくなる病気を「LOH症候群(遅発性性腺機能低下症候群)」と言います。

やる気がなくなったり、うつになったり、イライラしたり、太りやすくなったり、EDになったりします。

また相対的に筋肉量が減るのも1つの特徴ですので、脂肪が燃えにくいと感じている人は要注意です!

【関連リンク】

YAHOO!Japanヘルスケア 「男性更年期障害」

男性ホルモンが高い人はモテる??

また男性ホルモンが高い人は、辻褄が合わないことが嫌いです。

正義感が強く、周りに流されずに生きる人が多いです。

多くの人は、自分の損得を考えて、お金に振り回される人生を送りますが、

男性ホルモンが高い人は自分の信念を強く貫き通し、エネルギッシュに生きていくタイプが多いです。

お金よりも、自分の信念で生きていければ、世の中はもっと生きやすくなるのではないでしょうか。

現に男性ホルモンが高い人は、サラリーマンよりも経営者になっている人が多いようです。

またそのように、純粋な損得よりも自分の感覚に従って、信念に基づいて生きている人は、、

魅力的です。

結果的に女性にモテます。

”お金は安定的に入ってくるけど不自由な人生を送る人”

よりも、”自分の好きなことを仕事にして、エネルギッシュに生きている人”

の方が、女性から見ると魅力的であるという研究結果もあるようです。

男性ホルモンが高い人が、女性にモテる理由としては、様々な説があります。

正義感が強く、英雄色を好む女性が多いと言うこと。

また男性ホルモン自体に女性を惹きつけるフェロモンのような匂いがあると言うこと。

男性ホルモンが高いことで社交的になり、女性との接し方も上手くなること。

また筋肉質な体型が魅力的になるということ。

何はともあれ、このように男性ホルモンが高いと”いいことづくめ”です。

【関連リンク】

ぐるなびウエディング 男性必見!真の「オスの魅力」とは?余裕あるモテ男徹底解剖!

男性ホルモンはなぜ減る

男性ホルモンが減る要因としては、様々なものがありますが、加齢による影響が大きいです。

40歳前後から徐々に男性ホルモンが減っていきます。

では男性ホルモンが低くなる要因として、加齢以外にどのようなことがあるでしょう?

まずはストレスです。

精神的ストレスは、男性ホルモンに限らず、性ホルモンのバランスにおいて大敵です。

また食事の偏りと、睡眠不足なども男性ホルモンの低下の要因と言われております。

でもこれっていうのはストレスとすべてつながっていますよね?

食事の偏りによって、ストレスを受けやすい身体になりますし、

ストレスを受けやすいと寝付きが悪くなり、さらにストレスに弱い体になってしまいます。

結果的に脳や内臓の機能が低下し、男性ホルモンの分泌は悪くなります。

また趣味があったり、運動の習慣がある人男性ホルモンの低下はしにくいとされています。

【関連リンク】

男性更年期NAVI なぜ、年を取るとテストステロンは減ってしまうのでしょうか。

男性ホルモンの増やし方

食事

男性ホルモンの原料は、コレステロールという脂質です。

良質なコレステロールに、タンパク質を素とした酵素が加わり男性ホルモンが生成されます。

これは女性ホルモンも同じですね。

人間の体で作られる、性ホルモンといえども大元は食料から作られております。

なので男性ホルモンを増やそうと思ったら、良質なタンパク質と、脂質をとることが必須といえます。

また植物性のたんぱく質からは、必須アミノ酸のすべてを摂取することができないので、

動物由来のタンパク質を摂取することをお勧めします。

特に動物生のタンパク質をとると、鉄分や亜鉛など体内で働くホルモンに必要なミネラルが含まれております。

特に亜鉛は男性ホルモンを生成する上で必要なミネラルと言われております。

また肉と一緒に摂取すると男性ホルモンの強化につながると言われているのが、

玉ねぎやニンニク等の香味野菜です。

特に玉ねぎに含まれるアミノ酸が男性ホルモンの生成を強めると言われております。

【関連リンク】

アンファーからだエイジング 男性ホルモンを増やすには食事が大事?減ったホルモンを増やす方法

また消化吸収を考えるなら、サプリメントなどを使用して、良質なタンパク質を効率的に体内に取り入れるのも大切なことです。

最近話題のHMBや、BCAAには男性ホルモンに似た作用、また男性ホルモンに好影響を与える作用があります。

>>プロテイン20杯分のパーフェクトサプリはビルドマッスルHMB<<

>>感情を安定させる食べ物、乱す食べ物

>>うつにおすすめできる酵素ドリンクとは?ランキングで3つ紹介!

筋トレ

また食事で男性ホルモンの原料を摂取したならば、男性ホルモンの分泌を促すことを考えなければいけません。

ものがあっても使わなければ、あまり意味がないですからね。

男性ホルモンの分泌を促すためには、ズバリ運動が大切です。

運動することで、セロトニン分泌が増えて気分が良くなりますし、またセロトニン効果で睡眠の質が向上するので男性ホルモンの生成も促されます。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動も良いのですが、やはり男性ホルモンのことを考えたら筋力トレーニングが有効です。

男性ホルモンの分泌が高い人は、筋肉がつきやすいとされていますが、また筋力訓練をすることによって男性ホルモン分泌が促されると言われております。

【関連リンク】

smartlog テストステロン値を増やす方法。モテる以外の驚くべき効果も。

なるべく厳しい筋トレに耐えること。

つまり我慢の限界を少し超える程度の筋トレが、男性ホルモン(テストステロン)の分泌向上には好ましいとされています。

ただ長期間やり続けて疲れてしまうのは逆効果です。

適切な筋トレメニューをこなすには、インストラクターなどの専門家に相談しながらやるのも良いのかもしれません。

昨今は個室でマンツーマン指導の全額返金保証付きのパーソナルトレーニングジムもあります。

「そんなことする時間がない」

という人もいますよね。

今は素晴らしい筋トレグッズが出ております。

筋肉を刺激することで男性ホルモンを出して気分を向上させましょう。

>>丹田呼吸と自律神経 〜体をケアして心を変える!〜

>>うつに良いストレッチ・筋トレとは?”インナーマッスル”で人生を変えよう!

おわりに

うつになって、

「今後は心しなやかに、トラブルのない人生を送ろう」

と考える人と、

「再び自分の信念に基づいて、我を通してでも自分の人生を歩みたい」

と願う人がいます。

後者はどちらかと言えば、危険というか鬱を再発しやすい考え方と思われがちです。

私もどちらかと言えば、しなやかな心を持って人とトラブルなく過ごしていくタイプです。

でも心のどこかで、

自分の信念に基づいた情熱的な人生(悪く言えば人とのトラブルを抱えてでも自分を通したい言う側面もありますが)を送りたいという思いがありました。

どちらが良い悪いと言うわけではなく、バランスが大切だと思います。

平静な心を持って、正しい知識と知恵を持って人生を送れば、大きな間違いはおかさないと信じています。

人との摩擦も、そこに相手に対する慈しみの思いがあればむしろ大善です。

男性については「男性ホルモンのバランス」らが大きく関連していると思われるので、この記事を書きました。

人生に物足りなさを感じていれば、男性ホルモンを増やす、または分泌を促すことをやってみましょう。

きっと、情熱的な人生が戻ってきます。

>>ハーブティーで自律神経を整える!パニック、不安、うつにおすすめハーブはこれだ!

>>乳酸菌でうつを撃退。~おすすめ乳酸菌はこれだ!~

【参考書籍】

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする