休職生活~医師とのやり取り。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログではうつを読書で消した私TOMOの経験を赤裸々に綴っていこうと思います。

また治した経験から、うつ克服につながる有用な情報や心構えなどを書いていこうと思います。

スポンサーリンク




はじめに

みなさんこんばんは、元気ですか? 私はと言えば、ちょっと前に買ったばかりの車をぶつけられ相手保険屋との交渉が難航しています。

もらい事故なだけに相手に対して腹立たしい気持ちがありますが、相手には相手の正義があるのでしょう。

「ゆるします、ゆるします」と心にとなえてお互い怪我が無かった事に感謝し、事故が無事に終結することを祈るばかりです。

さて今日は私の休職生活時代の続きを少し書きます。

闘病記の続き

医師に薬について相談するが・・

もう3年近く前の夏の話です。 うつと診断され職場を休み2週間くらいたった時です。 どうにも薬の副作用に耐えられなくなりました。

そこで定期受診時に先生に 「今の薬を飲み始めてから、吐き気や胸の苦しみが激しくてたまりません」

先生:「薬が効くまでに2週間から1カ月はかかるんだ。臨床実験でも効果がある薬と言われてるんだよ、2週間飲んだくらいで判断しちゃ飲める薬なんてないんだよ」

私:「効き目が弱くても副作用が無い薬は何ですか?」

先生:「SSRIやSNRIは副作用が少ないと言われているんだよ。」

私:「今の薬は辛すぎます。変えてください」

先生、渋い顔をしながら「はいはい、じゃあ今度はジェイゾロフトにするね。これも合う合わないがあるから最低2週間は試してみないとだめだよ。」

とこんな感じ。

ネットでの検索行為

とここで処方されたジェイゾロフトをスマホでどんな薬か評判を検索。

すると「1ヶ月飲んでちょっとましになった」という人もいれば「何日飲んでも全く効かない」などの文字。

先生からはこのネットでの検索行為が良くないとは言われていましたが、

私にとって心療内科の先生の処方に疑念が生まれてました。

受診から帰ると誰もいない家。平日の昼間、テレビつけるとヒルナンデス、ミヤネ屋、

「ああ、みんな今一生懸命働いてるんだよなぁ」っとみじめな気分にさいなまれます。

おわりに

今日はここまで。

今休職生活を振り返ると、あれはあれでいい経験だった。

と思います。

人間、孤独と向き合う時間、不幸と向き合う時間、弱くて情けない自分と向き合う時間。

それらを全部受け入れて、乗り越えて、そこから本当の人生が始まります。

不幸な自分ととことん向き合ってください。

胆力が湧いてきます。

ではでは、おやすみなさい。

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする