休職中に職場に診断書を渡しに行く恐怖

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつで休職中に診断書って、どうやって職場に渡しましたか?

このブログは人生の谷を読書で克服した私TOMOの経験、その他有用な情報とうつにおすすめ書籍を紹介していきます。

スポンサーリンク




はじめに

今日は少し寒い一日でした(この記事を書いたのは4月のまだ寒い季節)。

こんな日は仕事したくないですよね。

布団から出たくないですよね。

私は最近とても嫌な出来事があり、少しうつ時代に戻りかけましたが、呼吸法を繰り返すことで復活しました。

こういうことはよくあるのですが、呼吸法には何度か助 けられています。

この呼吸法も読書から得た技なんですけどね。

呼吸法以外にも斎藤一人さんの言霊の力を借りたり、

心理カウンセラー衛藤先生の教えである「他人への期待が悩みを産む」とうい考えを思い出したりして、心がカラッとします。

前置きはこれくらいにして続きを書きます。

うつ休職における診断書についてです。

私はこの件でかなり頭を抱えました、、。

闘病記の続き

休職中に診断書を渡しにいく

私の休職生活時代、とても苦痛に感じたことがあります。

それは職場の上司にうつの診断書を渡しに行く時でした。

私の場合診断書を提出する前に出勤不能となりそのまま休職生活に入りました(職場からすればいい迷惑ですよね、、)。

その上司は診断書を郵送ではなく直接渡しに来てほしいと言っていたので、

私にとっては超気まずいというか、恥ずかしいというか、とにかく最悪でした。

うつで休職中の職場に行くのって、うつ真っただ中の患者にとってはこの上ない苦痛ですよね?

みなさんの中で経験ありませんか?

本当に周りの目が痛いし、想像しただけで吐き気がします。

今思いだしても、ほんとによくやったなぁって思います。

外に出れない、出勤できないから休職しているのに、給食のための診断書を手渡しじゃないとダメだなんて…。

意味がわからなかったです。

私を退職に追い込むための作戦なんじゃないか?とまで思ってしまいました(超被害妄想)。

休職中に職場へ

夏の暑い日足を引きづりながら職場に行きました。

上司が配慮してくれてなるべく人目に付かない通路と部屋を案内してくれたんですが、周囲の視線がめちゃくちゃ怖いんです。

もちろん気にしているの僕だけかもしれませんがね。

たまたま僕を見かけた掃除のおばちゃんに「こんにちは」と声をかけられたのですが、

それすらなんか気まずくて怖くて、逃げてしまいました。

上司とのやりとりで週一で連絡しろと言われてしまう

そして事務員さんに部屋に案内され上司とさらにそのお偉いさん(総務部長?)と三者面談が始まります。

上司:「具合はどう?」

私:「はい、だいぶ良くなってきました。」←(そう答えるしかなかった)

上司:「無理しないでね、メンタル系の病気は治ってもまた繰り返すから。」

私:「そうですね。」 上司:「週に1回くらい電話で状況聞かせてね。」

私:「あ、はい」

ってな感じの会話が繰り広げられ、休職に伴う給料体系の説明も受けました。

休まらない!

それにしても”休職中に週に1回も職場に電話を入れないといけないのか”とその時絶望しました。

これじゃ全然気が休まらないというか、そんなもんなんですかね?

電話をして状況伝えるって言うのは、どうしても私の性格上「だんだん良くなってきている」みたいな事を言ってしまいそうでとても悩みました。

っていうか「休んでいる間はいいけど職場の事を思い出すと吐き気がする」なんて本音をなかなか言えなくないですか?

おわりに

今思えば「あんなことで悩んだなぁ」と客観的に思えますが、当時の僕には超深刻な問題でしたね。

まあ、休職している社員の状態を知りたいのは、会社組織として当然と言えば当然ですね。

しかし、

当時の私はなんとか職場にいけましたが、本当に無理な人は、ちゃんと郵送での受付を交渉してくださいね。

診断書なんて手渡しじゃなくても絶対オッケーのはずです。

どうしても必要な話があれば、電話でも話せるわけだし。

そんな健康状態に不安がある状態、場合によってはうつのどん底で自殺願望があるような状態で、

ストレスの元凶である職場に行く事は危険極まりない行為だと思います。

自分で無理だったら、ご家族に頼んで職場に掛け合ってもらってください。

P.S

当時は深刻な問題でしたが、今思えば懐かしい悩みです。

ちょっと話変わりますが、

悩まない秘訣は他人に過剰な期待をしないことです。

これは組織で働いている方は特に肝に銘じてください。

フリップパールズと言う有名な心理学者の言葉があります。

「ゲシュタルトの祈り」いう詩の前半部分です。

あなたはあなた、私は私。
私はあなたの期待に応えるためにこの世に生まれたのではない。
あなたも私の期待に応えるためにこの世に生まれたのではない。
「ゲシュタルトの祈り」より

組織に自分の理想を押し付けてはいけません。

また何でもかんでも自分の人生、会社組織の言いなりになってはいけません。

人生に迷ったら「ゲシュタルトの祈り」を何度も繰り返してください。

この言葉を繰り返し唱えるだけで、

「自分が自分の人生を生きていくしかないのだ」

という明確な強い覚悟を身に付いていくのだと思います。

>>【おすすめ本】死にたいときに読む本 ~人生に絶望したらこの本を読め!~  

>>私のうつ体験記三部作① ~発症、そして死ぬほどつらい地獄の時期~

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする