休職生活中の復職への焦り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはうつ病を読書で治した私TOMOのうつ病体験記や役立つ書籍の情報、そして今思うことを自由気ままに綴っていきます。

スポンサーリンク




はじめに

こんばんは。明日からまた新しい一週間が始まりますね。

うつが酷い時や、リハビリ出勤などの人は結構憂鬱になるのではないのでしょうか?

まあなんだかんだ言ってこの病気の辛さを100%理解してくれる人はなかなかいないですしね。  他人に過度に期待せず、自分を知る事に尽きるのではないでしょうか。うつ病でサラリーマン生活を乗り切るには。 あとはしなやかな心を育てるように、自分のなかで訓練していくのもいいでしょう。 「しなやかさ、しなやかさ」と頭で唱えていると、憂鬱な出来事が襲いかかった時に心がポキッっと折れずにしなるんですよ。

もちろんくちにだして唱えても効果抜群です。  だまされたと思ってお試しあれ。

さてさて前置きはこれくらいにして。  今日は私が休職生活時代に戦った思考、”復職への焦り”について語りますね。

闘病記の続き

少しづつ良くなる

私が休職生活を始めて3週間くらいたった時、症状はある程度良くなってきました。それこそ、処方されていたドグマチールという薬の効果もあってか食欲も普通に湧いてきてましたし。起きている間、常にボクサーのパンチを受けているという感覚は全くない日もあれば時々ある日もあると言う感じでした。

”今まで作り上げてきたもの”が復職を焦らせる

日によっては「今職場に復帰したらもしかして働けるんじゃないか?」と思う時がありました。  というかそう思う背景には「今まで自分が職場で作り上げてきた地位というものがあり、早く復帰したらそれも取り戻せるのではないか」という期待感もあったと思います。というかそれが大きいです。

医師に相談、そのときのやりとり

しかし調子が良い日もあればまだ、地獄のようなうつ状態に陥る日もあるのも事実です。  そこで思い切って心療内科の先生に相談しました。

私:「先生、2カ月の休職という事でしたが、今ならなんとか職場に戻れる気がするんですよ」

先生:「もう毎日体調が良くなったの?抗うつ薬も合うものが見つかってないのに」

私:「症状は一進一退です。でも復職できるかが不安で、焦りが出てくるんです」

先生:「そんなんじゃ駄目だよ。復職できる状態っているのねえ、完全に症状が消えて、一ヶ月は調子がいい状態が続くようになってから考えるものだよ」

私:「家にいて休んでいても復職の事で焦って、不安もあるし、ゆっくり休めないんです」

先生:「療養のために休んでるんだから、何も考えずゆっくり休めばいいんだよ!仕事の事なんかなんで考えるんだ!君は休むのが下手くそだね。」

私:「・・・・そうですね。わかりました」

ってな感じでやや私が先生から怒られる形で診療が終わりました。

自分で休職するって決めたのは確かなのですが、家に一人でいてもそれはそれで焦るんですよね。不安にもなるし。

おわりに

休職生活ってホントに心細かったです。住宅ローンもまだ30年以上残っていて、子供もまだ2歳、父親はうつ病で就労困難。

こんな先の見えない不安を毎日毎日自宅で真昼間から一人で戦っていました。

今日はここまで。

みなさんも同じような経験ありませんか?もしよかったら教えてくださいね。  私なりに気持ちの持ち方のアドバイスをさせていただきますので。

最近私小食健康法にトライしています。2週間で5キロ痩せました(ペース早すぎかな・・)。長寿遺伝子と呼ばれるサーチュインという酵素は普段は働かないのですが、空腹のときに超活性化されます。

この酵素は老化防止だけでなく運気を上げてくれるらしいですよ。(ひすいこたろう 『ものの見方検定』より)。

でも夜中無性に腹が減るんですよね~。

ではではおやすみなさい。

スポンサードリンク


【関連記事】


【オススメ情報①】

不眠に特化した成分が10以上

特許成分セロトニンを増やして夜のぐっすりをサポート

おすすめ快眠サプリメントネムリス

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつ病脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする