休職生活~職場から解放されても苦しみは続く~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。元うつのTOMOです。

今日は休みで、午前中家電屋さんにいってプラモデルみて電化製品みて、さっきまでプラモデル作っていました

プラモデルはスポーツカーや戦闘機やガンプラに至るまで何でも好きです。

手先を使うと脳の血流が促進されて、

うつになりにくい脳になるんですよね。

っていうか好きだからやってるだけなんですけど。

スポンサーリンク




闘病記の続き

休職生活の始まり

では続き書きますね。3年前の休職生活のこと。  休職することになった私は日中は泊まり込みでお世話に来てくれている義理の母とともに過ごす日を送っていました。義理の母には何とも合わせる顔が無くて事あるごとに「すいません、すいません」と謝っていました。

ちなみに妻は正社員をしてフルタイム働いているので平日はいません(これがまたある意味辛い)。

職場の人にうつと知られることが怖い

会社にはうつ病と伝えておらず(言える勇気が無くて)後日診断書を郵送する事になっています。

この診断書の郵送がすることがまた気が重くて。でも職場に行ってまで渡す勇気が無いので郵送はまだマシなのでしょう。  職場にうつ病ということが伝わるのはこの診断書郵送の後です(ドキドキでした)。

後に診断書は手渡しでと上司に言われてしまいましたが・・(後述)。

薬が合わない、苦しい

レクサプロという抗うつ薬を飲みながら休職生活を送っていたわけですが、これがまた私には合わない薬で、何もしていなくても吐き気と頭がクラクラする感じとわけのわからない焦燥感に襲われたのを覚えています。

気まずさと、苦しさと、焦り、不安、罪悪感、それらの感情が私の心を満たし苦しい悲しい、生きるのが辛い時間を過ごしていました。

おわりに

私の休職生活のスタートはそんな感じでしたね。

今日はここまでです。  今日は残りの休日をエンジョイします。私は夢に向かってやりたいことが沢山あるので。

休職中の方で何か不安な点がある方や困っていることがある方、コメント頂けると私なりに返事をさせていただきます。私、間違っても人を批判したり叱咤激励することなんてないのでお気軽にどうぞ。

ではではこれにて。

スポンサードリンク


【関連記事】


【オススメ情報①】

不眠に特化した成分が10以上

特許成分セロトニンを増やして夜のぐっすりをサポート

おすすめ快眠サプリメントはネムリス

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつ脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする