発病から休職~頭が回らない~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も読んでいただきありがたい限りです。

職場でちょっとしたトラブルがあり、ちょっと疲れてます。

でも元気にブログ更新します。

前回の続きですが。

スポンサーリンク




闘病記の続き

薬の副作用に苦しむ

2012年の初夏、抗うつ薬が処方されなんとか乗り切ろうと思ったのですが、私にはまったく効かないどころが激しい吐き気だけが襲ってきて絶望的な気分になりました。一緒に処方されたレンドルミンという眠剤はすぐに効果がありましたのですが。一般的にSSRI系の抗うつ薬は効き始めるのに2週間から1カ月、そして効果が感じられる人の割合は50パーセント(低く!!)、そして薬価が1錠あたり100円近くしたと思います。飲んでいて苦しいし、高いし、効き目の保障も二人に一人、個人的はこんな薬がなぜこの世の中を出回っているのか不思議でしょうがないと感じるところですね。

妻との関係も悪化する

落ち込みの状態が2カ月以上も続くため妻との関係も悪くなりました。心療内科に通院すること自体家族としては受け入れられなかったのでしょう。このころ妻も仕事が忙しそうで私の話をゆっくり効く余裕がなさそうでしたし、どう接すればいいのか分らなかったと思います。  そんなある日、仕事で患者さんの家に訪問して会議をする事になりました(ちなみに私医療職)。

仕事で頭が働かない

その会議には患者さんとその家族、他の事業所のスタッフ数名集まるのですが、会議で話されている内容に全くついていけないのです。当然専門職としての私にも質問が来るのですが、何を聞かれているのか全く分からず、難しいことを考えると心臓をギュッとわしづかみされたような痛みに襲われます。そのことで心底自分は仕事ができない人間になったと痛感させられました。手足のしびれも感じたのを覚えています。

おわりに

いやあ、肩が凝ってきました。 今日はこの辺で。。 明日は休日出勤ですが適当に流します。今日もサンダルウッドアロマで瞑想して床に就きます。 夢に向かって顔晴ろう!

スポンサードリンク


【関連記事】


【オススメ情報①】

不眠に特化した成分が10以上

特許成分セロトニンを増やして夜のぐっすりをサポート

おすすめ快眠サプリメントはネムリス

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつ脱出の基本は自律神経を整えて、

スッキリした朝と、夜間の良質な睡眠を得ること。

薬効に注目したハーブ種類ブレンドのMENTハーブティー
自分を癒しましょう。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする