うつ闘病記~休職中に襲う死にたい願望~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「死にたい」と思う人へ、、。

このブログはうつを読書で克服して夢に向かって生きる私TOMOの体験記を自由気ままに綴っていきます。

有用な情報も提供していきますが、あえて悲惨な生々しい体験の思い出も書いていきます。

すべては”どん底からでも復活することができる!”ということを皆さんと共有したいからです。

スポンサーリンク




はじめに

休職中の希死念慮について、

今日は久しぶりに私の闘病記としてを書いていきます。

休職期間の後半からは死を意識するようになりました。

皆さんはどうですか?

やはり死にたいと思ったりそれに近い気持ちになったことはありませんか?

闘病記

休職して少し体調良くなるが

私は2012年夏から秋にかけて約3ヵ月間、うつにより仕事を休職しました。暑い暑い夏の日でした。

休職中なんとか動けるようになった私は3食ご飯を食べて掃除や洗濯をするようになりました(妻はフルタイムで働いているため)。

また息子の保育園のお迎えも行ける範囲で行っていました。 洗濯や掃除などの家事はうつ病に良いとネットの情報で得たので気分が向いたとき、ややきつい時でもなんとかやっていたのですが、やっている最中、ふと”この先どうなるのか?”と考えると一気に力が抜けます。

息子の保育園のお迎えも他のお母様方に自分がどう思われているのか気になってしょうがなかったです。

根拠はないのですが自分がうつで休職中であることを知られているような、感づかれているような気がして辛かったです。

その他の時間以外は横なってテレビやネットを見ているのですが、簡単な家事を少しやっただけで寝込んでしまうほど体が疲れたのを覚えています。

病前はマラソン大会に出てハーフマラソンを2時間以内で走れるほど体力があったのに、うつになったとたん本当に体力が芯から奪われた感覚です。

時々襲う自殺願望

このころ「死ねたらどんだけ楽になれるだろう」と考えるようなり「死にたい」が口癖になっていました。

とにかく死にたくて死にたくて、ネットで死ぬ方法を探しドアノブにスカーフをかけて自殺する練習を繰り返しました。

その時の記憶ですがドアノブのスカーフをかけて、自分の首をひっかけると妙に落ち着くのです。

「これで終われる」

「これで妻も子供も救うことができる」

と本気で考えたのです。

でも心のどこかに生存本能があったのでしょう。

少しきつめに首を締め付けるとオエっとなりやめてしまいます。

死に近づくため自殺に関する本や死後にどうなるのかという本を、読み漁って自分が死ぬイメージを徐々に付けて行って死ぬことにしました。

並行して心のどこかに社会復帰したいという気持ちもありました。

(実際その後、社会復帰をします)

今日はここまで。

おわりに 

ちなみにどんなに死にたいと言っている人でも、

本当に死にたいと思っている人はいないものです。

それを裏付けるように、海外の有名な「自殺の名所の橋」の話があります。

その自殺の名所では、管理者が橋から飛び降りる自殺者を減らすために人間の背の高さにも満たないような柵をつけたそうです(あまり高い柵をつけてしまうと景観を損ねるため)。

ちなみにそれは誰でも乗り越えられるような柵です。

そんなんが本当に自殺予防につながるんかい?とツッコミたくなる様な柵ですね。

しかししかしなんと!

その柵をつけた年から、自殺者は激減したのです。

つまりこの結果で何がわかったかと言うと、

自殺志願者は死ぬ直前まで死ぬかどうか迷っているわけです。

(※低い柵程度で多く人が乗り越えずに生きる道を選んだわけですから。ちなみにその周辺で自殺者が増えたという報告もありません。)

積極的に死にたいのではなく、今その時だけ生きるのが辛いのです。

ここでは文章の中で「生存本能があった」と書きましたが、

もしご家族に自殺したいと言っているような方がおられましたら、

あなたがその自殺を止める事は決して無意味なことではありません。

私自身も自殺しようといろいろ考えていた時に、家族や自分の母親に

「死ぬなんて絶対やめなさい」

と言われて当時はうっとうしく感じていましたが、今思えばとてもありがたい話です。

本当は死にたくなんてなかった。

今生きていてよかった。

読んでいただきありがとうございます。

P.S

最近忙しくて忙しくて、仕事が辛いです。

読書や体のセルフコンディションの方法を知らなければ、とっくにうつをが再発してるでしょう。

でも忙しい時は、時に自分の無能さを認めて、そんな自分を受け流す事が必要とつくづく思います。

僕はもっともっと社会貢献したいのでこんな事でつぶれるわけにはいかないからね。

皆さんとともに成長したいです。

>>【おすすめ本】死にたいときに読む本 ~人生に絶望したらこの本を読め!~  

>>読んだら”人間力”が身に付く本3選! 〜人間力を高めれば、うつは勝手に消えていく〜

ではではおやすみなさい。

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする