うつの薬で太ったあなたへ ~正しいダイエットで心も元気なる!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつの薬によって太った体を元に戻す!

うつの薬は太りますよね。

私も作業療法士として臨床経験の中で、薬で太った人をたくさん見てきましたし、

同時に当事者でもあります。

私はうつ治療中に薬を飲んで、25キロ以上太りました。

今は元の体重に戻っており、一定の体重で維持できています。

私の体験をもとに太った体を元に戻す対策を、この記事で紹介します。

今思うと、その対策が心を元気にする対策に結果的になっていたので、是非ただのダイエット記事だを思わず読んでください。

スポンサーリンク




不安・うつ・不眠の薬は太ります。なぜ??

うつや、不安障害で処方される薬は、食欲を旺盛にして太りやすい成分が入っているそうです(→参考:精神科の薬による肥満問題と食生活(専門職)地域精神保健福祉機構HPより)。
私も医療職の知識として多くの抗うつ薬、眠剤には抗ヒスタミン作用が働くことを知っています。
視床下部の満腹中枢というものがあるのですが、ヒスタミンはこの満腹中枢を刺激し食べすぎないようにします。
しかし抗うつ薬によってこのヒスタミンの働きを抑えて満腹中枢が麻痺してしまうと、食欲が増進してしまい、ついつい食べ過ぎてしまうわけです。
また薬の種類によっては、眠くなる作用もあるので、体が重苦しくなって動く機会が減ったりもするし、セロトニン作用によって代謝が悪くなってしまいます。
これらがうつ病や不安障害の薬によって太る要因になります。
うつになった上に、自分の体が重くなり、見た目がどんどん醜くなっていく。

男性の私にも、そのこと自体が精神的な苦痛になっていました。

でも本当に治療が必要な時期は、仕方のないことです。

太るのが嫌だからと服薬を自己判断で中止することは決してやってはいけません。

この太る作用も、決して悪いことばかりではありません。

私なりに太る意味、太るメリットを考えてみました。

うつのどん底をずっと味わいながら、ご飯も食べずにいると、命が危険に晒されます。

なので薬の作用によって食欲を増進するということが一概に悪いとは言えません。

私もひどい時生きる楽しみはほとんどなかったのですが、強いて言えば食べる楽しみは少しありました。

症状が落ち着いらたダイエットを考えましょう

薬を飲んで太ってしまう事はある程度しかたのないことなのですが、症状が落ち着いて少し動けるようになったら、体重をコントロールすることを考えましょう。

中には、

「気分が落ちてるのにダイエットなど精神的苦痛を味わうようなことはできない」

とか
「薬を飲んでいる状態なのにダイエットなんかしても効果が出にくい」

と思われる方がいるかもしれませんが、

体重をコントロールすると言う事は、内臓をいたわること、脳をいたわること、体全体をいたわることにもつながります。

そして私の経験上、薬を飲んでいるうちから、ダイエットをやっておいた方が、断薬した後にも効果が現れやすいです。

そもそも食べる量を減らすこと、代謝が良くなるような食事をすることは、

落ち込みやイライラしやすい生活習慣を改めることにもつながります。

うつになりやすい生活習慣を改める事は、落ち込みやすい心そのものを根本的に良くすることにもつながります。

私自身体重を落とすことで体が軽くなり、考え方まで前向きになりました。

実際に人間の考え方は、体調に大きく左右されると思います。

体調が良い時は同じ程度のストレスを受けても、前向きにとらえることができます。

逆に胃腸が弱っていたり、喉の痛みや咳がひどかったりすると、考え方までマイナス思考になりやすくなります。

いってみれば当然ですよね、体調が悪いのは自律神経が乱れている証拠なので、脳内ホルモンが正常に分泌していないことが考えられます。

だからうつで薬を飲んで太ってしまったあなたは、ある意味チャンスかもしれません。

太った体を元に戻す作業は、落ち込みやイライラしやすい生活習慣を改める大チャンスです。

>>うつにおすすめストレッチ・筋トレとは?”インナーマッスル”で人生を変えよう!

>>温活でうつを撃退!~不安やイライラ、やる気が出ないのは冷えてるからだ!~

私がやったダイエット

私の場合、ジョギングや水泳などの運動ダイエットをしても体重が全く変わらないどころか、むしろお腹がよけいにすいて、さらに太ってしまいました。

だから食事に重点を置くように心がけました。

高たんぱく、低糖質の食事をするのは当たり前ですが、それ以外には以下の2つの食材が効果がありました。

生姜

メンタル系の薬を飲んでいる人は、体が冷えやすく、また便秘にもなりがちです。

要するに代謝が落ちていて、脂肪が燃えにくい状態にあります。

そのような人には代謝を良くする方法が必要です。

私がお勧めするのは生姜です。

スーパーで100円か200円ほどで買える食材で、あらゆる料理に刻んだり、すりおろしたりして入れることができます。

私の場合、生姜をすって、お白湯を作るときに一緒に煮込んで飲んだりしていました。

生姜に含まれるショウガオールは、体を温めて脂肪を燃焼する作用があります。加熱調理することをお勧めします。

また冷えているお腹を温めて朝の蠕動運動を促すことが期待できます。

>>「うつかな?」と思ったら。見直すべき5つのカラダ習慣

酵素

また酵素をしっかり取り入れることも、重要です。

食物に含まれる酵素は、腸内フローラを改善させ便通をよくします。

酵素断食という言葉があるように、断食中に食物酵素をとることで、長年たまった腸の汚れ、つまり宿便を出すことが可能になります。
一説にはあらゆる体調不良は腸壁にこびりついた、宿便が原因ではないかと言われております。

酵素といっても、最初は高い酵素ドリンク等無理に買う必要はありません。

果物には酵素がたくさん含まれています。

朝いちばんにすりおろしたりんごや、バナナジュースを作って飲むことで自然な排泄が促されます。

1回で効果があるとは言いませんが、中には1回で効果が出る人思います。

ただ食生活の習慣は短くても3ヶ月は最低続けていくことが大切です。

たとえ効果がなくても、
まずは1ヵ月、できれば3ヶ月は継続して体の変化に気づいていきましょう。

下剤を飲むことでは実感できない朝のスッキリ感が味わえます。

また酵素をしっかり取り入れた生活にすることによって、腸内環境きれいになるとセロトニン合成が活性化します。

腸で合成されたセロトニンの前駆体は、血液脳関門を通って脳内に送られセロトニンが作られます。

またセロトニンには精神を安定させる作用とともに食欲を抑える役割もあります。

便秘を自然な形で解消することによって、気分も整えて体重増加も抑えられるので、

気分の落ち込みを根本的に良くする行為につながるのです。

>>うつと酵素 ~知っておきたい酵素のチカラ~

おわりに ~ダイエットは心に良いけど、無理なダイエットは禁物~

ダイエットは大切ですが、絶対に無理はしないでください。

効果が出にくくても焦るのは禁物です。

ただでさえ薬の副作用で効果が出にくいのに、行動に踏む込めることは凄いことです。

一日でも達成できたら自分を褒めましょう。

辛かったら休憩しても良いんです。

気が向いたらまたチャレンジすれば良いのだから。

その積み重ねで、とんでもない見返りがやってくるかもしれません。

>>”繊細な心”の持ち主こそ、いざという時強い 

>>うつにおすすめの働き方、生き方

【参考書籍】※女性にもおすすめ!

スポンサードリンク


【関連記事】


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする