うつ病体質を治すための特別な訓練

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログではうつ病を読書で克服した私、読書セラピストTOMOの体験記、またうつに効く有用な情報を余すことなく発信していきます。

あなたも奇跡の一冊に出会えます!

スポンサーリンク




はじめに

今日はうつ病体質を治すためにうってつけの”訓練”を紹介します!

うつ病体質を治すための特別な訓練

うつ病体質とは?

うつになってしまう人は、心の底から真面目で一生懸命な人ばかり。

正義感が強くて、辻褄が合わないことが許せない人。

そしてそれが高じて他人の目が気になってしょうがない人。

でもそれって悪いことではありませんよね。 自分で言うのもなんですが、私もそういうタイプの人間です。

社会貢献したいから。

家族や自分を守りたいから。

だから真面目で一生懸命になるし、世間様から後ろ指差されないような行いをする。

時には真面目過ぎても嫌われるので、少し崩れた自分も演じてみる。

そのほうが周囲に受け入れられる時もあるから。

”恥ずかしい思いは絶対したくない!”

だからついつい程遠いキャラの自分を演じてしまう時がある。

本当の自分ってどんな人だったか、時折わからなくなることがある。

実は普段から心が疲れている。 それがなんかの拍子にうつ病につながっていく。

まさにこれこそが”うつ病体質”なんです。

恥ずかしいことを積極的にすることは、”生きる練習”になる

ここで提案です。

”恥ずかしいことは買ってでもしなさい!”

これが私の提案です。
「若いころの苦労は買ってでもしなさい」とはよく言われたもです。

若いころにたくさん苦労を積んでおくと、その人生経験がのちの人生に生きていくから。

人生の荒波を乗り越えるためによく言われる言葉です。

これをうつ体質の改善に役立てる言葉に置き換えるなら、

「恥ずかしいことは買ってでもしろ!」 と私は言いたいです。

「人からこんなふうに思われたら恥ずかしい」

「あんなふうに笑われたら、恥ずかしくて耐えられない」

そのように思うことを実際にやってみる。

やってみたら案外平気だったという体験を沢山してみる。

それをやることによって、人間は初めて自分の人生を生きられるようになります。

人目を気にせず、自分の行動をとることこそ、自分の人生を生きるということ。

「こんな恥ずかしいことをしたら、私はきっと生きていけない」 そんなふうに心の底から思うことを、あえて実行してみる。

それがまさに”生きる練習”になるのです。

私が行った特別な訓練

私の場合、一時的に働くのをやめて一日中公園で過ごしたり、学校帰りの子供たちと遊んだりしました。

近所のお母さんから「ご主人お仕事は?」と聞かれましたが「今ニートなんです」と堂々と答えました。

少し抵抗はありましたが、本当に思ったほど苦痛ではなかったです。

そんな生活があったから、今は楽しく働けています。

心の底から恥ずかしいことを、買ってでもする。

そんな練習を繰り返してみると人生に革命を起こせるかもしれませんよ。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病克服の基本は良質な睡眠です。

6のリラックス成分配合の

副作用無しの自然に近い睡眠サプリが強い味方。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする