非常識に生きれば心は健康になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはうつ病で読書を克服した読書セラピストTOMOの体験をもとに、うつ病からの、回復方法を発信していきます。

うつ病を克服し読書でさらに、夢をかなえる方法を紹介していきます。

スポンサーリンク




はじめに


うつ病から回復するための特効薬として私がお勧めするものは、ズバリ読書です。

そして読書の先には、夢を持つことです。

夢をもって自信をつけて、精神的にも経済的にも自立することが、真のゴールです。

非常識に生きれば、健康になれる!

”もったいない諦め”していませんか?

夢を持つということは、自分の人生をいきること。

自分の人生を生きることは、うつ病とは程遠い生活をすることになります。

夢を持つことは、時に人から批判されたり馬鹿にされたりします。

特に皆さんに近しい人や、親などから「いい年してやめときなさい」「もっと現実的な考えを持ちなさい」などど言われてしまい、夢をあきらめてしまう人が本当に多いです。

これってすごく、もったいないこと。

挑戦者はいつだって非常識、そして孤独

皆さんは糸川英夫さんをご存知ですか?

戦後初の実験用ロケット、ペンシルロケットの開発者です。

ペンシルロケットとはその名のとおり鉛筆の形をしたロケットで、日本のロケット開発にはなくてはならない存在でした。

糸川さんはロケット開発に協力してもらうために、様々な企業に協力要請をしスポンサーを募りました。

その中の一つに、松下電器の社長であり経営の神様である、松下幸之助さんのところにもお願いに行ったそうです。


そこで返ってきたきた返事は、

「糸川先生、そいなもん儲かりまへんで、50年先の話や」

とのこと。

言ってみれば経営の神様と言われる人、そんな偉い人に夢を否定されてしまったのです。

普通の人間なら、そんな多大な影響力のある人に言われてしまったら、あきらめてしまうものです。

でも糸川さんはあきらめませんでした。

そして時は経ち、糸川さんは日本のロケット開発の父と言われるほどのカリスマになりました。

「はやぶさ」は非常識から生まれた

小惑星探査機「はやぶさ」の成功も、この人の存在なしにはなかったと言えるでしょう。

誰になんと言われても、夢をあきらめない、これは昔も今も、どこの国に行っても変わらない成功の秘訣です。

しかし、ふと心を緩めてしまうと「自分が間違っているのではないか?」と思ってしまい、自分を信じる心は、たちまち弱ってしまいます。

「やっぱり、人と同じことをしなくてはいけないのかな?」

そんなふうに思ってしまったときは、

自分を疑うのではなく常識を疑ってみてください。

考えることや感じることをやめたらダメです。

思考の自動化に陥ったら、たちまち人生はつまらなくなります。

どうせなら人と違うことしよう!

読書とは、

常識を疑い、心を強くするための、最適なトレーニングです。

読書をすることで、常識に操られる人生からさよならできます。

人と同じ生き方をしなくていい、

人と同じような生き方を選ぼうとした瞬間から、人生がつまらなくなってしまいます。

人とは違う道を歩いて、新しい価値を発見することに、人生の醍醐味があります。


ではでは、読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病克服の基本は良質な睡眠です。

6のリラックス成分配合の

副作用無しの自然に近い睡眠サプリが強い味方。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする