あなたのうつ病は断食で治るかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病の治療と言えば、休養と投薬が基本と言われています。

しかし、その先にどうやって社会復帰させ自立にもっていくか?

それについて親身に相談し、フォローしてくれる医者はあまりいません。

また投薬以外の治療法を、最初から勧める医者は皆無と言っていいでしょう。

今日もちょっと変わった健康法についてお話していきます。

スポンサーリンク




うつの原因は食べ過ぎだった?!

現代人は飽食と言われています。

つまり食べ物が豊富にそろう日本においては、みんな食べ過ぎの状態のなのです。

戦争中は食べ物が無く、飢餓に耐えて生き延びる生活をしてきたので、日本人は飢餓に対応できるように出来ています。

しかし、実は日本人を含めて人類全体は飽食には対応できない体にできているそうです。

<参考>:現代人は飽食(飲みすぎ喰い過ぎ) 人は飽食には慣れていない飽食は、高血圧、糖尿病、血管病

朝目覚めて朝食、お昼に昼食、3時のおやつ、夕方小腹がすいてスナックやチョコレート、そして夕食に夜食。

そんな生活では内臓が休まる暇がなく、常に働いています。当然働いたら疲労するので、内臓も疲弊状態に陥ります。

そんなこんなの生活を送っているうちに、糖尿病や高血圧、脳梗塞や精神疾患になると言われています。

内臓が弱る→自律神経が乱れる→病気になりやすい

こんな経過をたどるのです。

>>自律神経を整えるにはこの記事

昔のことわざに

「腹八分にいして医者いらず、腹十二分にして医者足らず」

というものがあります。

食欲という一種の執着が、この4分を作り内臓や脳を壊していきます。

そして病気をもたらし、あなたの人生を台無しにします。

つまり、今食べ過ぎている認識がある人は、

今食べている食事の1/3を減らすと、健康をとり戻し元気な状態を維持できます。

うつ病も、もちろん例外ではないです。

<参考>:ファスティングでうつ病が治る

人生を変える半日断食のススメ

しかし、いきなり一日断食をすることはお勧めしません。

自宅にいながら手軽に始めるなら、半日だけとか朝だけとかから始めるのがオススメです。

まず朝から減らすことが、効果を感じるために最適でしょう。

断食といっても、まったく何も食べないのではなく、

果物や酵素ジュースを適度に摂取する、酵素断食が初心者でも気軽に行えていいでしょう。

酵素は腸管粘膜を活性化して、排泄を促します。

つまり体の老廃物をいち早く外に出してくれる、デトックス効果があるのです。

果物に特に多いのですが、ニンジンやセロリなどの生野菜にも酵素が多く含まれています。

これらの食物繊維は乳酸菌などの善玉菌のエサになり、腸内環境を整えます。

<関連記事>→カルピスがうつ病に効く理由

朝は食べてはいけない?!そのたった1つの理由

なぜ朝の酵素断食がオススメかと言えば、

本来腸は午前4時から正午までは排泄するために働いていると言われています。

そして正午から午後8時までが摂取と消化のサイクル、

それから午後8時から午前4時までが吸収のサイクルなのです。

朝の時間にご飯を食べると、排泄を阻害します。

朝は本来排泄を促すべく、果物や水分を多めにとって毒素や老廃物を外に出す時間なのです。

<参考>:人間の体には「摂取と消化/吸収と利用/排泄」のサイクルがある

この老廃物が腸管に長く滞留すると、腸の中で腐って有害なガスを発して、毒素が血流を通じて全身の内臓や脳に届けられてしまいます。

当然腸が機能しないので、うつ病を治して元気を取り戻すための脳内物質セロトニンやドーパミンは合成されず、絶対的に少なくなります。

食べ過ぎはうつ病の回復を邪魔します。

腸に良い乳酸菌や食物繊維をいくら食べても、食べる量自体が多すぎると何の効果もありません。

<関連記事>→”カルピスを飲んでもうつ病が改善しない人”がやるべき、たった1つのこと

半日断食のやり方

オススメの半日断食方法は

①朝は水分と果物だけ、もしくはニンジンリンゴジュース。

②昼食はしっかりとる(欲張って食べ過ぎないように)

③夕食は8時までに軽めにとる

この手順で断食を行えば、午後8時から翌正午まで約16時間腸を休ませることが出来ます(果物などの酵素の多い食品は腸に負担をかけないと言われています)。

この方法をまず1週間続けると、体が軽くなり、頭がスッキリし、心が晴れた感覚が得られるでしょう。

ニンジンリンゴジュースが作れない人は、酵素ドリンクや酵素サプリを摂るのもアリです。

酵素ドリンク、サプリなどは善玉菌を活性させて腸内環境を整える効果があります。

このようなサプリは伝統的な発酵方法で製造されたものがオススメです。腸内善玉菌の働きに大きく差が出てくると言われています。

おわりに

頭がスッキリしたり、曇っていた心が晴れてモヤモヤがなくなる感覚、

これは究極の癒しともいえる感覚です。

これらの感覚を感じると人は”生きる勇気”を一瞬でも持つことが出来ます。

この一瞬でも湧いてくる生きる勇気が、あなたの人生を変えるきっかけになりますし、もちろんうつ病を治すきっかけになります。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病克服の基本は良質な睡眠です。

6のリラックス成分配合の

副作用無しの自然に近い睡眠サプリが強い味方。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする