アランの幸福論でうつ病を治す!~幸せになる”秘密”がここに~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病は名言や哲学で治すという考えを何度か提唱してきました。

読書をしていると、人生を変える名言に必ず出会えます。

そんな中なら、うつ病におすすめの「アランの幸福論」について語っていきます。

スポンサーリンク




はじめに

アラン(本名エミール、をゲスト、シャルティエ)は、19世紀から20世紀にかけて活躍したフランスの哲学者です。今から約200年前の哲学者ですね。

また「アランの幸福論」は哲学を文学に、文学を哲学に変えようとする独自の文体によって、日本でも古くから愛好者が多く、思春期の子供からビジネスパーソンそして、自営業者など広い世代で、根強いファンがいます。

幸福論を自分の心の中に落とし込む事は、人生において何にも変えがたい武器になるでしょう。

うつ病になって人生つまずいている人、途方に暮れている人は仏教の教えなどもとても役に立ちますが、その他の偉人の名言宗家や、世界で強い支持されている哲学者の作品に触れると良いでしょう。

この本では、英語版の原点から、特に印象的で、人々の心に働きかける200の名言を翻訳し「不安」「感情」「自分自身」「行動」などにカテゴライズして短い文章でまとめられています。

一見分厚い本ですが、とても読みやすく深い内容です。

アランの幸福論に学ぶ2つの名言

私が印象に残ったのを2つ紹介します。とてもうつ病にとって役に立つ考え方です。

「感情に身をまかせない」

怒りで我を忘れている人も、咳が出るにまかせている人も、大して変わりはない。

いずれの場合も、いってみればどうしようもなくなって、思考が感情の言うなりになって、不安や怒りに身をまかせてしまっているのである。

つまり感情が問題を悪化させているのだ。

そして、正しい所作を身に付けていないと、こうなってしまう。

正しい所作とは、理性を持ってコントロールされた身体の動きのことである。

もちろん、何もかも理性的に制御せよというわけではない。

ただ、不安や怒りにかられて、体の自然な反応を邪魔してしまうことだけを避ける、ただそれだけのことである。

引用:「アランの幸福論」 アラン 訳 齋藤慎子

まさに怒りに苦しんで、人生を悪い方向にしている人や、心と体のつながりと言うものをなかなか感じられない人にはお勧めの言葉です。

ただ単に「感情コントロールしろ」だなんて言われても、多くの人がどうしていいかわかりません。

もちろんお薬を飲んだからといって、感情がコントロールできるものではありません。

感情に関する神経を弱らせたり、少し麻痺させる位の効果があるだけです。

大事なのは正しい行動、、もっと言えば正しい体の使い方です。

思考変えれば言葉が変わる。

言葉が変われば行動が変わる。

行動が変われば人生が変わる。

ということをどこかで聞いたことがあります。しかしこれは逆のことも言えます。

つまり行動が変われば言葉や思考も変わります。結局人生を変えるには、行動を変えることがいちばん手っ取り早いと言うことです。

なかなかお薬を飲んでも、鬱や不安症の症状が治まらないという人は、行動を変えてみてはいかがでしょうか?

また体の使い方を変えることにより、精神面での変化も感じやすくなるでしょう。

多くの成功者やスポーツ選手、ヨガやピラティスの達人は、おのずとそのことに気づいている人が多いようです。

「自ら進んで自由に働く」

仕事は、あらゆるものの中で最高のものであり、最悪のものでもある。自ら進んで自由に働くのであれば最高、逆に、そこに自主性がなければ最悪である。

最も自由な仕事は、仕事をする人が自分の経験と知識によって調整できる仕事である。

仕事のでき具合を自分の目で実際に確かめながら、その出来具合だけを頼りに調整を行い、そこから学べることに自ら進んで耳を傾けている限り、人は幸せである。

引用:「アランの幸福論」 アラン 訳 齋藤慎子

このブログでも仕事に対する考え方、特にうつ病にならないための働き方に関するコンテンツをいくつか書いています。

特に鬱を克服して幸せに生きるには、仕事に対する考え方を変えていく必要があると私は考えています。

仕事とはあなたがこの世で生まれてきてこの世に貢献する手段です。つまりあなたの人生=仕事です。

もしあなたが今、したくない仕事をしていて、毎日死にたくなるような思いをしているとしたら、そしてそれしかあなたが食べていく手段がないと思い込んでいたら、

あなたは確実に不健康になり不幸な人生を送ってしまいます。

仕事で必要な要素は、

①自ら選んだものであること、

②自分が人の役に立っていると実感できること(アドラーが提唱した共同体感覚)

③ワクワクすること、

すべての要素を完璧に満たすような仕事はなかなか難しいかもしれませんが、この3つの要素は私が仕事を選ぶ上で大切なパラメーターだと考えています。

アランも提唱しているように、この中で最も大切な要素は、”自分で選んだ仕事”であること。

「人からやらされて」とか「立場上仕方なく」とか「嫌だけど食ってくために仕方なく」というような働き方ではいくら給料が良くても、本質的な幸福を感じる事はできません。

あくまで仕事で起きた問題も、自分の経験や自分の感覚を頼りに解決していけるような仕事が、自由な仕事であり幸福な仕事であるといえます。

大切なのは自分の選択、自分の感覚で生きていくこと。

おわりに

アランは「意志を持って幸せになる」ということを強く説いています。

幸せになるには、つまるところ強い意志が必要です。

感情に流されるまま生きていては、悲観主義になり人生を終えてしまいます。

つまり悲観主義とは、感情に流されるまま生きてきた結果なのです。

感情に流されるままの生き方を放っておくと、やがてその感情は悲観にとどまらず、怒りや激怒と言う激しいものとなってあなたやあなたの周りの物を襲います。

これではいずれうつになり、いつまでたっても幸福にはなれません。

強い意志をもって行動を変えること、悪い感情に流されずに、マインドフルネスのように感情に気づき、再び目の前のことに意識を戻すこと。

調子の良い時も調子が悪い時もそのことを忘れずに過ごすことが、不幸に陥らずに、幸福を実現するための確実で最短の手段なのです。

スポンサーリンク

【関連記事】


【おすすめ情報①】

うつ病克服の基本は良質な睡眠です。

6のリラックス成分配合の

副作用無しの自然に近い睡眠サプリが強い味方。

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報②】

うつのあなたは冷えています!

高麗人参ののサポニン効果をもつ田七人参のサプリで体質改善!

うつ冷え人生にサヨナラしませんか?

>>レビュー記事はコチラ

【おすすめ情報③】

うつ克服にはセロトニンを増やすことも大切、

セロトニンは多種多様な乳酸菌が腸に存在しないと作られません、

種類の乳酸菌配合の乳酸菌サプリでセロトニンチャージ!

>>レビュー記事はコチラ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする