人生の疲れを乗り切ろう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数あるサイトの中から、当サイトに来てくれてありがとうございます。

当サイトは、管理者自身がうつの克服経験があり、心の専門家作業療法士(リハビリ国家資格)、そして心理カウンセラーとしての立場から、

有用な情報を発信していく、、

「人生の水曜日ラボ。」です。

「人生の水曜日ラボ。」って、、水曜日?って、、

なんでそんなタイトルなのか??

スポンサーリンク


「人生の水曜日」って?

水曜日は、人間関係でトラブルが起きやすいと言われています。

また疲れが出るのも水曜日。

月曜日は休み明けだからまだ元気、

金曜日はもうすぐ休みだから、何とか頑張れる。

真ん中の水曜日は、ちょうど疲れが出てくる頃、

仕事のミスやイライラが出やすい時期。

精神的に落ち込んでしまうのも水曜日が多いそうです。

アメリカのアイオワ大学の心理学者、ダック教授は、1585名を対象にして、「どの曜日に、もっとも人間関係が悪くなりますか?」と聞きました。

この時、あなたはどの曜日が最も人間関係が悪かったと思いますか?

実は、その答えは「水曜日」。

〜中略〜

人間は、「真ん中」こそ、かなり注意が必要な時期なのかもしれません。

引用:『人生を好転させるシンプルな習慣術』  精神科医  ゆうきゆう

精神科医のゆうきゆう先生の経験からも、心療内科の受診も水曜日が多いとのこと。

これは人生にも同じことが言えます。

長い人生を一週間に例えた時、水曜日(真ん中)がちょうど沈みやすい時期です。

月曜や火曜にあたる10代や20代は、落ち込んでも若さのエネルギーで何とか乗り越えられる。

金曜日にあたる80代や90代になると、病気を経験したり、大きな落ち込みにあっても、ある種の”悟り”のようなものがあり、デンてかまえてられる。仮に治らないと言われても、若い人ほど苦しむことは無いでしょう。

また高齢者の女性が、リストカットすることがないのは、若い女性のようにエネルギーがないからだと言われています。

しかし人生のちょうど真ん中(水曜日にあたる時期)は、落ち込んだら重症化してうつになったり、治りにくい慢性病になったりすることが多いです。

「ミドルエイジ・クライシス」や「中年の危機」という言葉があるように、

人生の真ん中を乗り越えることがとても重要です。

このサイトでは「人生の水曜日をいかに乗り切るか?」をテーマに研究(ラボ)していきます。

だからサイト名は「人生の水曜日ラボ」なのです。

私にとって人生の水曜日は、ちょっと早いのですが32歳の時でした。

ちょうど子供ができて、仕事でもある程度責任ある立場になった時、

人生ノリに乗っている時期だったのですが、ふとしたきっかけでうつ病になってしまいました。

私の場合は、ある1冊の本に出会ったことがきっかけで、うつを乗り越えることができましたが、人それぞれ乗り越えるきっかけはあるでしょう。

うつを克服して心療内科の受診も終了し、再発せずに今の生活できているのは、

読書の習慣だけではなく、食事や運動などの体作り、それらの賜物だと思います(しかし読書の効果は大きかった、、)。

このサイトでは、私自身が人生のどん底を乗り越えた経験から、役立つ書籍の紹介や、健康情報を余すことなく発信していきます。

あくまで体験談ですので、参考になれば幸いです。

また落ち込みの大きな原因の1つとなった、不妊や婦人科疾患の克服経験もシェアして役立てていただければと思います。

私は夫という立場から、妻の不妊や流産の経験、また病気により堕胎したことなどを見てきました。

男である私としてもとても辛い経験でした。

妻がいちばん辛い時に、自分自身が落ち込んでしまって大切な人を支えられなかったこと。

自分への苛立ちや、自責の念で心が潰れてしまったこと。

亀裂が入った夫婦仲を時間をかけて修復したことや、不妊の辛さを乗り切ったことなど体験記にまとめてあります。

人生の真ん中、「人生の水曜日」を共に乗り切っていきましょう。

【おすすめ本】死にたいときに読む本 ~人生に絶望したらこの本を読め!~  

自殺を考える前にやるべき4つのこと

「自殺したい」そんな気持ちから学ぶべき、たった1つのこと

スポンサードリンク



人生の水曜日を乗り切るために、なぜ”読書”がいいのか?

生きる勇気が湧いてくるような書籍を書いている人は、

その人自身も人生の節目で大きく体調を崩したり、うつを経験して自らの命を絶とうするなどの壮絶な経験を乗り越えている方が本当に多いです。

そう、私やあなたと同じように、辛い経験をされています。

そんな人たちだからこそ、人の心に響く本を書いたり、人を助けれるような尊い仕事ができるのでしょう。

実際には、人は弱い生き物で自分ひとりの力では、人生の辛い局面を乗り切れないことがあります。

そんな時には、人生の荒波を乗り越えた賢者の知恵を借りるのが最も有効です。

<関連書籍>

うつの世界にさよならする100冊の本 本を読んでココロをちょっとラクにしよう

人生をやめたいと思ったとき読む本: マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ

うつを克服して、もっと自分らしい人生を送りたいなら、やはり同じように人生のピンチを乗り越えた人の”生きる技”にならうことが何よりの特効薬になります。

その特効薬を手軽に手に入れる方法が読書です。

私が挫折、落ち込みからの脱出に読書を勧める理由はそこにあります。

スポンサーリンク


うつには読書が良い理由 ~読書で私が得たこと~

①孤独感が無くなった

コミュニケーション能力が無い人、コミュニケーションが苦手な人がいます。

「人と話すことが苦手」「人と一緒にいると緊張する」という人は、対人関係で悩みやすく、

また理解されないという感覚から孤独になりやすいと言われています。

そのような人はうつになりやすいでしょう。

精神科医療のデイケアでは集団訓練の一環でグループディスカッションを行う施設があるようです。

小グループでディスカッションをして、自分のグループの検討結果を大勢の前で発表する練習をするのです。

はじめはディスカッションをすることも発表することも緊張して積極的になれなかった人が、場数を踏むうちに不安や緊張が薄らいで、自然体で話せるようになるそうです。

これは集団で何かを成し遂げる成功体験からくる自信の影響と、

同じ苦しみを分かち合える仲間による癒しの効果があるのだと考えられます。

「デイケアで出会った仲間は一緒の仲間」とたくさんのうつ経験者が感じて、社会に出るための勇気づけになるようです。

苦しい気持ちが一番よくわかるのは、同じ症状に苦しむ仲間なのです。

しかしデイケアのような、同じ病気に苦しむ仲間のコミニティを見つけるのは容易ではありません。

そんなとき、同じようにうつを経験した著者の本を読んだり、本に書いてある考えに共感したりすると、

「苦しいのは自分だけではない」ということを知ることになります。

そうなると、心の奥で渦を巻いていた孤独感、疎外感から一気に解放されます。

自分の心を癒してくれた本、苦しみから救ってくれた本は、

あなたの”一生の座右の銘”になるでしょう。

<参考>

職場の人間関係対策マニュアル ストレス解消に効果的な読書

うつの世界にさよならする100冊の本 本を読んでココロをちょっとラクにしよう

②生き方モデルが見つかった

落ち込んでいる人、元気がない人がより良い人生を送るためには、

心のクセを変えることが重要です。

ただ処方された薬を飲んでいるだけでは、本来の元気は取り戻せません。

生き生きと暮らしている人、人生を前向きに生きている人の真似をすることも、

あなたが心のクセを変えるために出来る大切な行動の一つです。

誰かの成功体験を真似ることは、成功への時間短縮になるし、リスクの回避にもなります。

うつの克服に成功した人は、たくさんの成功者を真似て、その考えを自分の中に落とし込んでいるのです。

しかしうつ気分で行動力を奪われた状態だと、成功者に会いに行ったり、またカウンセラーに会いにいくという行動はおっくうで難しいでしょう。

そんな時は、読書を通して”生き方モデル”を見つけるのもひとつの手です。

人から学ぶことは、多くの時間をかけて大事な考えを自分に落とし込む作業が必要ですが、

多くの本には著者の核心的な考えがダイレクトに記されています。

つまり、人の言葉や行動を見て学ぶより、ある意味効率的なのです。

「人のフリ見てわがフリ直せ」

という言葉がありますが、他人の生き方と自分の生き方を比較して、自分の心を分析する、

これはまさに自己洞察です。

心理学の世界では、新しい自分に出会うためには自己洞察は有効な手段だと考えられています。

うつを克服した人の本には新しい自分になるための”生き方のヒント”がたくさん書いてあります。

読書は手軽に自己洞察できる手段と言えるでしょう。

<関連記事>

生活に取り入れるマインドフルネス!~読書で学ぶマインドフルネス~

読書レシピ

③体も健康になった

読書の効果は考え方を変えるだけではなく、体を健康にする効果もあります。

生き方や考え方を変えることに成功できた著者は、必ずと言っていいほど、

自分の体をいたわる健康法を知っています。

それは自分の体を大事にすることが、うつから解放される上で重要だと知っているからです。

私もたくさんの本を読む中で、著者が食事や生活習慣を重視していることがよくわかりました。

成功哲学の本でも、食事に対する考え方に重きを置いた本があるくらいです。

それくらい、心と体がつながっているということが、世の中で当たり前になってきていると言えるのです。

考え方を変える努力をいくらしても、食事や生活習慣を改めることをしなければ、

うつの苦しみから解放されにくいでしょう。

私は本を読む中で、食事の量を見直したり、食べ方を学んだり、

そして毎日呼吸を整える瞑想などをして、

かなり健康的な体になりました。

体が軽くなると、心も軽くなります。

頭がスッキリするので、思考も停滞せず、決断力が身に付きました。

何より体に対する感謝を持つことは、元気に生活していくうえでの基本姿勢だと考えています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする