当サイトの使命、それはあなたをうつ病から復活させること!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトに来て頂いてありがとうございます。

読書セラピストのTOMOと申します。このサイトに来ていただいているということは、現在あなたの人生はあまり良い状態ではないということでしょう。

私はそんなあなたの力に少しでもなりたいと思い、このサイトを立ち上げました。

そう、私自身もうつ病の経験があります。

私のうつ病からの復活験談、役立つ書籍情報や克服の手がかりになる人生哲学について情報発信していきます。


スポンサーリンク



□私のこれまで□

強迫性障害からうつ病へ

私は数年前にうつ病になりました。

度重なる家族の不幸や仕事での重圧がたたり、ある夏の朝、体が動かなくなりました。

私の場合、強迫性障害からうつ病に発展しました。

うつの心と強迫観念で頭がいっぱいで、布団に横になり息するだけでも辛かったです。

精神科に行きましたが、薬は副作用しか出ずに全く症状はなくならない。

むしろひどくなるばかりでした。

それを精神科の先生に言うと「副作用の無い薬なんかない。飲みたくなければ飲まなきゃいい」と突き放される始末。

恥を忍んで3か月休職し、復職しました。十分に改善されないままの復職でしたので体は辛いし、周囲の目に対する怖さ、うつ病になってしまったという恥ずかしさ。仕事がこなせない焦り。

そんなこんなでいつしか”死にたい”と本気で思うようになりました。何度か自殺未遂も繰り返し、いつか死ねることを希望に思う日々。

<死にたいときに読む記事>

「自殺したい」そんな気持ちから学ぶべき、たった1つのこと

死にたい気持ちを乗り越えると、真の自分になれる!

“生きる意味”を感じられない人、今こそ一歩踏み出そう!

読書がうつ病克服のカギだった!

そんな時にふらっと立ち寄った本屋さん。そこで一冊の本と出会いました。

それが私の復活のきっかけでした。

その本と出会ってから、生きるヒントを得て、自分の人生のミッションを見つけました。

苦しいこと、へこむこといろいろありますが、読書の習慣が身に付いたので、紆余曲折しながらもしなやかな心で乗り切ることが出来ました。

そして今の自分があります。

<関連記事>

うつ病と読書 ~うつ病克服に読書を勧める最大の理由~

□なぜ、読書がいいのか?□

生きる勇気が湧いてくるような書籍を書いている人は、その人自身も人生の節目で大きく体調を崩したり、うつを経験して自らの命を絶とうするなどの壮絶な経験を乗り越えている方が本当に多いです。

そう、私やあなたと同じように、辛い経験をされています。

そんな人たちだからこそ、人の心に響く本を書いたり、人を助けれるような尊い仕事ができるのでしょう。

実際には、人は弱い生き物で自分ひとりの力では、人生の辛い局面を乗り切れないことがあります。

そんな時には、人生の荒波を乗り越えた賢者の知恵を借りるのが最も有効です。

<関連書籍>

うつの世界にさよならする100冊の本 本を読んでココロをちょっとラクにしよう

人生をやめたいと思ったとき読む本: マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ

うつ病を克服して、もっと自分らしい人生を送りたいなら、やはり同じように人生のピンチを乗り越えた人の”生きる技”にならうことが何よりの特効薬になります。

その特効薬を手軽に手に入れる方法が読書です。

私がうつ病克服に読書を勧める理由はそこにあります。

スポンサーリンク



□読書の効果□

孤独解消効果

コミュニケーション能力が無い人、コミュニケーションが苦手な人がいます。

「人と話すことが苦手」「人と一緒にいると緊張する」という人は、対人関係で悩みやすく、

また理解されないという感覚から孤独になりやすいと言われています。

そのような人はうつ病になりやすいでしょう。

精神科医療のデイケアでは集団訓練の一環でグループディスカッションを行う施設があるようです。

小グループでディスカッションをして、自分のグループの検討結果を大勢の前で発表する練習をするのです。

はじめはディスカッションをすることも発表することも緊張して積極的になれなかった人が、場数を踏むうちに不安や緊張が薄らいで、自然体で話せるようになるそうです。

これは集団で何かを成し遂げる成功体験からくる自信の影響と、

同じ苦しみを分かち合える仲間による癒しの効果があるのだと考えられます。

「デイケアで出会った仲間は一緒の仲間」とたくさんのうつ病経験者が感じて、社会に出るための勇気づけになるようです。

苦しい気持ちが一番よくわかるのは、同じ症状に苦しむ仲間なのです。

しかしデイケアのような、同じ病気に苦しむ仲間のコミニティを見つけるのは容易ではありません。

そんなとき、同じようにうつ病を経験した著者の本を読んだり、本に書いてある考えに共感したりすると、

「苦しいのは自分だけではない」ということを知ることになります。

そうなると、心の奥で渦を巻いていた孤独感、疎外感から一気に解放されます。

自分の心を癒してくれた本、苦しみから救ってくれた本は、

あなたの”一生の座右の銘”になるでしょう。

<参考> →職場の人間関係対策マニュアル ストレス解消に効果的な読書

うつの世界にさよならする100冊の本 本を読んでココロをちょっとラクにしよう

生き方モデルが見つかる効果

落ち込んでいる人、元気がない人がより良い人生を送るためには、

心のクセを変えることが重要です。

ただ処方された薬を飲んでいるだけでは、本来の元気は取り戻せません。

生き生きと暮らしている人、人生を前向きに生きている人の真似をすることも、

あなたが心のクセを変えるために出来る大切な行動の一つです。

誰かの成功体験を真似ることは、成功への時間短縮になるし、リスクの回避にもなります。

うつ病の克服に成功した人は、たくさんの成功者を真似て、その考えを自分の中に落とし込んでいるのです。

しかしうつ病で行動力を奪われた状態だと、成功者に会いに行ったり、またカウンセラーに会いにいくという行動はおっくうで難しいでしょう。

そんな時は、読書を通して”生き方モデル”を見つけるのもひとつの手です。

人から学ぶことは、多くの時間をかけて大事な考えを自分に落とし込む作業が必要ですが、

多くの本には著者の核心的な考えがダイレクトに記されています。

つまり、人の言葉や行動を見て学ぶより、ある意味効率的なのです。

「人のフリ見てわがフリ直せ」

という言葉がありますが、他人の生き方と自分の生き方を比較して、自分の心を分析する、

これはまさに自己洞察です。

心理学の世界では、新しい自分に出会うためには自己洞察は有効な手段だと考えられています。

うつを克服した人の本には新しい自分になるための”生き方のヒント”がたくさん書いてあります。

読書は手軽に自己洞察できる手段と言えるでしょう。

<関連記事>

うつ病と読書~うつ病克服のための読書レシピ~

健康増進効果

読書の効果は考え方を変えるだけではなく、体を健康にする効果もあります。

生き方や考え方を変えることに成功できた著者は、必ずと言っていいほど、

自分の体をいたわる健康法を知っています。

それは自分の体を大事にすることが、うつから解放される上で重要だと知っているからです。

私もたくさんの本を読む中で、著者が食事や生活習慣を重視していることがよくわかりました。

成功哲学の本でも、食事に対する考え方に重きを置いた本があるくらいです。

それくらい、心と体がつながっているということが、世の中で当たり前になってきていると言えるのです。

考え方を変える努力をいくらしても、食事や生活習慣を改めることをしなければ、

うつ病の苦しみから解放されにくいでしょう。

私は本を読む中で、食事の量を見直したり、食べ方を学んだり、

そして毎日呼吸を整える瞑想などをして、

かなり健康的な体になりました。

体が軽くなると、心も軽くなります。

頭がスッキリするので、思考も停滞せず、決断力が身に付きました。

何より体に対する感謝を持つことは、病気を治し予防していくうえでの基本姿勢だと考えています。

<関連記事>

うつ病を根本的に治すための”ちょっと変わったお医者さん”が書いた本3選!

呼吸を変えると人生が変わる!

カルピスがうつ病に効く理由

あなたのうつ病は断食で治るかもしれない

□当サイトでよく購入されている本 ベスト3□

1位:『責めず 比べず 思い出さず』 高田明和

脳科学と禅の観点から、うつに効く言葉や座禅、そして写経について書かれています。なぜ仏教の修行がうつに良いのか?自律神経を整える座禅の呼吸法とは?辛いときに口にするとよい言葉は?

そんな生きるヒントがたくさん詰まった一冊。

高田先生はうつを克服するうえで言葉を重要視し、著者の中で以下のように言っています。

言葉を信ずることが言葉の効果を増し、そのことがさらに言葉を信じさせるようになるのです。

さらに良い言葉によって変わった脳は、今までできなかったような様々なことが出来るように私たちを変えます。

言葉は「よくありたい」という心のシステムを刺激し、私たちを「よくある」状態にかえるものだと言ってよいでしょう。

さて私たちは、日々さまざまなことに直面します。また他人の嫌な行為を思い出したり、自分の失敗を悔いたりし、常に悩んでいると言ってよいでしょう。

このようなとき、苦しまない生き方を探ることが大切です。

そのはじめの一歩が言葉なのです。

引用:『責めず 比べず 思い出さず』 高田明和

読書は言葉との出会いの連続です。うつ病から復活するためにたくさんの言葉と出会うことは非常に有効ということでしょう。

また、著者の高田先生も自身のうつを言葉の力で乗り越えた経験のある方なのでとても参考になる著書です。

2位:『脳からストレスを消す技術』 有田秀穂

セロトニンの研究をしている医師の有田秀穂先生による、ストレスマネジメントの本です。幸せ物質であるセロトニンをいかに分泌させて、いかに良い人生を送るか、きっと役立つ一冊でしょう。

セロトニンの役割を知ることで、いかにセロトニンを働かせることが大切か?これを疑問に持つことで、自然と幸せで充実した生活ができるようになります。

著書では、社会性の向上に必要な「共感脳」、脳の高い働きを維持する「クールな覚醒」、他の神経を調整して「平常心」を維持するセロトニンについて以下のように述べています。

学習脳がドーパミン神経によって活性化し、仕事脳がノルアドレナリン神経によって活性化するように、共感脳もセロトニン神経によって活性化されます。

セロトニンはノルアドレナリンと同じように脳に覚醒をもたらす神経伝達物質ですが、ノルアドレナリンがホットな覚醒をもたらすのに対し、セロトニンはクールな覚醒をもたらします。

つまり、脳が高い働きができるような状態を常に維持してくれるわけです。

~中略~

一定量のセロトニンが規則正しく出ることによってセロトニン神経はドーパミン神経やノルアドレナリン神経の過興奮を抑え、脳全体のバランスを整え「平常心」をもたらすという働きをしているのです。

引用:『脳からストレスを消す技術』 有田秀穂

うつから復活し、さらにその先の充実した人生を送るために必要なヒントが得られます。

3位:『明日が見えないとき、キミに力をくれる言葉』 ひすいこたろう

ベストセラー『名言セラピー』シリーズで有名な天才コピーライターひすいこたろう先生の本です。

カーネル・サンダーズや高杉晋作など過去の偉業を成し遂げた人たちが、どのように人生のピンチを乗り越えたか?その局面で生まれた教訓、言葉をいい意味で非常識な観点で紹介されています。

自信を失ってどん底気分になっている人へ、

才能のある人は能力が高い人とは限らない、真に豊かな人生とは、いま「ある」ことに気づいて感謝すること。

才能とは能力ではない。才能とは、いますぐにできることを100個紙に書き出すこと。

そして、それを片っぱしからやることです。

目が見える、聞こえる、話せる、それがどれだけ幸せなことか!

豊かさとは、今持っているものにいかに感謝できるかです。

今日はあなたの幸せを10個紙に書き出してみよう。

引用:『明日が見えないときキミに力をくれる言葉』 ひすいこたろう

人生のピンチや乗り越えられない壁は偉人に相談するのも言いまもしれません。

偉人のストーリーからうつから復活するヒントを得てみませんか?

※これは本に優劣をつけるものではありません。また順位は随時更新します。

※この集計は当サイト開始時(無料ドメインサイト時代より)からの集計です。

トップページを最後まで読んでいただきありがとうございました。

うつ病から復活できる本の紹介はこちら

うつ病から復活するためのヒントが得られるブログはこちら

コンテンツの一覧はこちら

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする