人間力を高めよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトは、心の専門家作業療法士(リハビリ国家資格)、心理カウンセラーの管理者が運営する人間力を高めるサイト、

「人生の水曜日ラボ。」です。

「人生の水曜日ラボ。」って、、水曜日?って、、

なんでそんなタイトルなのか??

スポンサーリンク


「人生の水曜日」って?

水曜日は、人間関係でトラブルが起きやすいと言われています。

また疲れが出るのも水曜日。

月曜日は休み明けだからまだ元気、

金曜日はもうすぐ休みだから、何とか頑張れる。

真ん中の水曜日は、ちょうど疲れが出てくる頃、

仕事のミスやイライラが出やすい時期。

精神的に落ち込んでしまうのも水曜日が多いそうです。

アメリカのアイオワ大学の心理学者、ダック教授は、1585名を対象にして、「どの曜日に、もっとも人間関係が悪くなりますか?」と聞きました。

この時、あなたはどの曜日が最も人間関係が悪かったと思いますか?

実は、その答えは「水曜日」。

〜中略〜

人間は、「真ん中」こそ、かなり注意が必要な時期なのかもしれません。

引用:『人生を好転させるシンプルな習慣術』  精神科医  ゆうきゆう

精神科医のゆうきゆう先生の経験からも、心療内科の受診も水曜日が多いとのこと。

これは人生にも同じことが言えます。

長い人生を一週間に例えた時、水曜日(真ん中)がちょうど沈みやすい時期です。

月曜や火曜にあたる10代や20代は、落ち込んでも若さのエネルギーで何とか乗り越えられる。

金曜日にあたる80代や90代になると、病気を経験したり、大きな落ち込みにあっても、

ある種の”悟り”のようなものがあり、デンてかまえてられる。仮に治らないと言われても、若い人ほど苦しむことは無いでしょう。

また高齢者の女性が、リストカットすることがないのは、若い女性のようにエネルギーがないからだと言われています。

しかし人生のちょうど真ん中(水曜日にあたる時期)は、落ち込んだら重症化してうつになったり、慢性病になったりすることが多いです。

「ミドルエイジ・クライシス」や「中年の危機」という言葉があるように、

人生の真ん中を乗り越えることがとても重要です。

このサイトでは

Q:人生の水曜日(挫折・危機)をいかに乗り切るか?

A:人間力を高めることでしょ

をテーマに研究(ラボ)していきます。

だからサイト名は「人生の水曜日ラボ」なのです。

私にとって人生の水曜日は、ちょっと早いのですが32歳の時でした。

ちょうど子供ができて、仕事でもある程度責任ある立場になった時、

人生ノリに乗っている時期だったのですが、ふとしたきっかけでうつになってしまいました。

私の場合は、ある1冊の本に出会ったことがきっかけで、うつを乗り越えることができましたが、人それぞれ乗り越えるきっかけはあるでしょう。

うつを克服して心療内科の受診も終了し、再発せずに今の生活できているのは、

読書の習慣だけではなく、食事や運動などの体作り、それらの賜物、

まさに人としての総合力、つまり人間力を高めることを当時も今も怠らなかったからです。

人生の真ん中、「人生の水曜日」を共に乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする